• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『好色くノ一忍法帖 ヴァージン・スナイパー 美少女妖魔伝』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 好色くノ一忍法帖 ヴァージン・スナイパー 美少女妖魔伝

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

時は現代、第19代徳川家将軍・虎長の寝室に、SEX忍法を使うくノ一・花風が侵入した。虎長の妻・綾乃の活躍で事なきを得たが、どうやら豊臣一族の末裔・ねね子の仕業らしいことが分かる。400年前、徳川家によって一族を滅ぼされたねね子は、先祖の恨みを晴らすため、跡取りのいない虎長の子供をはらむことで、お家乗っ取りを企んでいたのだ。綾乃はねね子から夫の子種を守るため、第13代服部半蔵を警護につける。しかし、虎長は重度のインポテンツでありながら大のテレクラ好きで、今日もテレクラで知り合った金魚という芸者志望のコギャルと援助交際しようとしていたところを再びくノ一・月風に襲われ、駆けつけた半蔵によって助けられるという始末であった。それでも懲りずにイメクラ“ナースがママ”へ遊びに行った虎長は、そこでくノ一たちのツボ責めに遭ってしまい、またしても駆けつけた半蔵に助けられるが、くノ一たちのお陰でインポは治癒し、子種を放出する。ところが喜びも束の間、ザーメンを奪うべく、ねね子が現れ、半蔵はねね子と壮絶なSEXバトルを展開した。金魚の協力を得て、半蔵は見事にねね子を倒したが、金魚が虎長のザーメンの入ったカプセルを捨ててしまう。苦労も水の泡と思われたその時、実は金魚が男で、生き別れた父親を探すためにコギャルに身を窶していたこと、しかも彼が、18年前に虎長が芸者に産ませた一粒種であったことが判明した。こうして世継ぎを得た徳川家は安泰となり、任務を終えた半蔵は、金魚に見送られて故郷へ帰っていった。



■解説

徳川19代将軍の子種を巡って繰り広げられる奇想天外なSEXバトルを描いたセクシー・コメディ。監督は「入れ喰いOL/大人のオモチャ開発課」の渡邊元嗣。渡邊との原案をもとに「超過激本番失神」の中野貴雄が脚本を執筆した。撮影を「変態妻/ハメられて覗かれて」の清水正二が担当している。主演は新人の樋口みつきと「学校の怪談3」の螢雪次朗。R指定。

  • 1997年10月10日 より

  • 配給:新東宝映画=国映
  • 製作国:日本(1997)

■スタッフ

監督 渡邊元嗣 (Mototsugu Watanabe)
脚本 中野貴雄 (ナカノタカオ)
原案 渡邊元嗣 (Mototsugu Watanabe) 中野貴雄 (ナカノタカオ)
企画 朝倉大介 (アサクラダイスケ) 衣川仲人
プロデューサー 福原彰
撮影 志賀葉一 (シガヨウイチ)
音楽 徳永由紀子 (トクナガユキコ)
録音 中村幸雄 (ナカムラユキオ)
照明 伊和手健
編集 酒井正次 (サカイマサツグ)
助監督 佐藤吏
特殊美術 中野貴雄 (ナカノタカオ)
スチール 佐藤初太郎
アクション・コーディネーター 阿部光男 (アベミツオ)

■キャスト

俳優名 役名
樋口みつき (ヒグチミツキ)  金魚・金魚の母
螢雪次朗 (Yukijiro Hotaru)  服部半蔵
久保新二 (クボシンジ)  徳川虎長
工藤翔子   ねね子
しのざきさとみ (Satomi Shinozaki)  徳川綾乃
林由美香 (ハヤシユミカ)  花風
泉由紀子   月風
池島ゆたか (イケジマユタカ)  蛇口一角
まるか   1才の金魚

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!