映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 火の雨がふる

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

東京大空襲により母と弟を亡くした小学6年生の頼子は、博多にある親戚の家へ身を寄せる。戦時中とは言えまだ陽気な空気が残る街だった。ある日頼子は「空襲など怖くない」とふざける同級生の友次と信夫と喧嘩となるも、かえって友情を深めるのだった。そんな子供たちが過ごす街にも集団疎開や祇園山笠の中止など戦争の色がだんだんと濃くなっていく。そして1945年6月19日、午後11時。B29爆撃機230機が静かに眠る福岡市を襲った…。



■解説

福岡空襲体験の新たな証言をまとめた『火の雨が降った』をベースに、七百年余り続いている博多祇園山笠が空襲によって途絶えた体験を重ねて、平和の尊さを訴える長編アニメーション。キャラクター原案の長谷川法世、音楽のクニ河内や声の出演米倉斉加年ら多数の福岡出身者が協力参加している。また子供の声の出演者として地元から19人が選ばれた。

  • 1988年9月15日 より

  • 配給:「火の雨がふる」製作委員会
  • 製作国:日本(1988)

■スタッフ

監督 有原誠治 (アリハラセイジ)
脚本 有原誠治 (アリハラセイジ) 今泉俊昭 (イマイズミトシアキ)
キャラクター原案 長谷川法世 (ハセガワホウセイ)
撮影監督 諫川弘
美術監督 明石貞一
音楽 クニ河内 (クニカワチ)
編集 尾形治敏 (Harutoshi Ogata) 伊藤勇喜子 (Yukiko Ito)
ナレーション 米倉斉加年 (Masakane Yonekura)
出演(声) 荘真由美 (ソウマユミ) 麻生美代子 (アソウミヨコ) 屋良有作 (ヤラユウサク) 沢田敏子 (サワダトシコ) 兼本新吾 緒方賢一 (オガタケンイチ) 加藤正之 (カトウマサユキ) 上村典子 (ウエムラノリコ) 塩屋浩三 (シオヤコウゾウ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!