映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 平成狸合戦ぽんぽこ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

東京・多摩丘陵。のんびりひそかに暮らしていたタヌキたちは、ある時、エサ場をめぐって縄張り争いを起こす。原因は人間による宅地造成のため、エサ場が減ってしまったから。このままでは住む土地さえ失くなってしまうと、タヌキたちは開発阻止を目論み、科学の発達した人間たちに対抗するため先祖伝来の″化け学″を復興させることとなった。化け学の特訓が始まる一方、四国や佐渡に住むという伝説の長老たちへも援軍を頼む使者が向けられた。かくして人間たちが露とも知らぬ所でタヌキたちは勝手に蜂起したのだが、根はいじらしいけど、そこはまぬけなタヌキたち。思わぬところで計画は紆余曲折。一生懸命頑張るわりには何の効果も挙げられなかった。遂にやってきた四国の長老たちを中心に妖怪パレード作戦を展開するが、それも失敗。絶望のどん底に陥るタヌキたちは最後の気晴らしと宅地全体を緑多き昔の姿に変身させようとする。そんなタヌキたちの存在に気づき、人間たちは自然の景観を出来るだけ活かすことに。開発阻止は出来なかったが、人間に変化したタヌキたち、なお残った自然の中で暮らすタヌキたち、それぞれにたくましく生き続けるのだった。



■解説

先祖伝来の″化け学″を駆使して、宅地開発に取り組む人間に対抗する狸たちの姿を描いた長編アニメ。監督・原作・脚本は「おもひでぽろぽろ」の高畑勲、企画として「紅の豚」の宮崎駿と、3年ぶりのコンビを組んでいる。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第8位、同読者選出日本映画ベストテン第5位。

  • 1994年7月16日 より

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(1994)

■スタッフ

監督 高畑勲 (Isao Takahata)
演出 百瀬義行 (モモセヨシユキ) 大塚伸治 (オオツカシンジ)
脚本 高畑勲 (Isao Takahata)
原作 高畑勲 (Isao Takahata)
企画 宮崎駿 (Hayao Miyazaki)
製作 徳間康快 (トクマヤスヨシ) 氏家齊一郎 (ウジイエ) 磯邊律男 (イソベリツオ)
プロデューサー 鈴木敏夫 (Toshio Suzuki)
画面構成 百瀬義行 (モモセヨシユキ)
キャラクターデザイン 七尾久幸
作画監督 大塚伸治 (オオツカシンジ) 賀川愛 (カガワアイ) 河口俊夫 (カワグチトシオ)
撮影 奥井敦 (オクイアツシ)
美術監督 男鹿和雄 (オジカカズオ)
音楽 紅龍 渡野辺マント 猪野陽子 後藤まさる (ゴトウマサル) 古澤良治郎 (フルサワ)
上々颱風 (シャンシャンタイフウ)
録音演出 浦上靖夫 (Yasuo Urakami)
整音 大城久典 (Hisanori Oshiro)
編集 瀬山武司
出演(声) 古今亭志ん朝 (ココンテイシンチョウ) 野々村真 (ノノムラマコト) 石田ゆり子 (Ishida Yuriko) 泉谷しげる (Shigeru Izumiya) 山下容莉枝 (ヤマシタヨリエ) 神谷明 (カミヤアキラ) 黒田由美 (クロダユミ) 村田雄浩 (Takehiro Murata) 九代目林家正蔵 (ハヤシヤショウゾウ) 福澤明 (フクザワアキラ) 三木のり平 (ミキノリヘイ) 清川虹子 (Nijiko Kiyokawa) 芦屋雁之助 (アシヤガンノスケ) 桂米朝 (カツラベイチョウ) 五代目桂文枝 (Bunshi Katusra) 五代目柳家小さん (Kosan Yanagiya)
動画 舘野仁美 (Hitomi Tateno)
動画チェック 中込利恵 (Rie Nakagome) 藤村理枝 (Rie Fujimura)
宣伝プロデューサー 徳山雅也 (Masaya Tokuyama)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!