映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ヒーローインタビュー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

一流新聞社に勤めるキャリア・ウーマンの沢木霞は突然掃きだめのスポーツ部へ移動させられ、ルールも知らないプロ野球の担当記者になる。風変わりな同僚・星野と神宮球場に取材に出かけた彼女は、ヤクルトスワローズの選手・轟仁太と出会う。バツイチで12歳になる娘・球子とふたり暮らし、お調子者でギャンブル好きの仁太は、かつて最強の3番バッターだったが、ある事故が原因で鳴かず飛ばずの代走要員となってしまい、さらに2軍落ちしてしまう。もう一度ホームランボールをプレゼントするという球子との約束も果たせないまま、引退を口にする仁太を励ますうち、霞は次第に仁太に惹かれていく。フィアンセの石井のパリ支局栄転が決まり霞は退職と結婚を迫られるが、一方仁太は自分の可能性を信じて猛練習を開始した。遂に霞が石井とパリに旅立つ当日。優勝のかかったスワローズ対宿敵ベイスターズ戦のグランドで、仁太は見事に1軍への復帰を果たす。空港のテレビには苦戦する仁太の姿が映し出される。それを見た霞は彼の元へ引き返すことを決意、ヘリコプターをチャーターして球場へ戻る。金網越しに霞の応援を聞く仁太。彼女の声援にもう一度ホームランを狙う仁太は、ヒットをランニング・ホーマーにしようとして失敗してしまう。だが、監督はそんな彼の成長を認め、来期も一軍で活躍するように告げた。シーズンも終わり、球場を出る仁太に霞はそっと寄り添うのだった。



■解説

プロ野球記者のヒロインと、バツイチの2軍選手との恋を描くドラマ。「東京ラブストーリー」「101回目のプロポーズ」などのTVドラマのヒットメーカーたち(脚本・野島伸司、監督・光野道夫、製作・大多亮)らによる映画作品。

  • 1994年9月3日 より

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(1994)

■スタッフ

監督 光野道夫 (ミツノミチオ)
脚本 野島伸司 (ノジマシンジ) 山崎淳也 (ヤマザキ)
企画 堀口壽一 (ホリグチトシカズ) 中村敏夫 (ナカムラトシオ)
製作 村上光一 (ムラカミコウイチ) 小田信吾
プロデューサー 大多亮 (オオタリョウ) 小川晋一 (オガワシンイチ) 増田久雄 (マスダヒサオ) 佐倉寛二郎 (サクラ)
撮影 矢田行男 (ヤタユキオ) 笠間公夫 (カサマキミオ)
美術 金田克美 (カネダカツミ)
音楽プロデューサー リアルキャスト
CHAGE and ASKA (CHAGE and ASKA)
録音 小野寺修 (オノデラオサム)
照明 渡辺三雄 (ワタナベミツオ)
編集 川島章正 (カワシマアキマサ)
助監督 崎田憲一
スクリプター 津崎昭子 澤田和[宀に黄]

■キャスト

俳優名 役名
鈴木保奈美 (スズキホナミ)  沢木霞
真田広之 (Hiroyuki Sanada)  轟仁太
武田鉄矢 (Tetsuya Takeda)  梶原監督
いしだ壱成 (イシダイッセイ)  星野
安達祐実 (Adachi Yumi)  球子
江口洋介 (Yosuke Eguchi)  水島
萩原聖人 (Masato Hagiwara)  操縦士
岸谷五朗 (Goro Kishitani)  後藤
武田真治 (Shinji Takeda)  三浦
関根勤 (Tsutomu Sekine)  山本
渡嘉敷勝男 (トカシキカツオ)  高橋
寺脇康文 (Yasufumi Terawaki)  桑田
山本圭 (Kei Yamamoto)  緒方
鶴見辰吾 (Shingo Tsurumi)  石井

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!