• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

神龍を一目見ようとドラゴンボールを探す旅に出た悟天、トランクス、ビーデルの3人は、ナタデ村にたどり着いた。その村は異常気象や怪物に悩まされており、今まさに少女ココを生け贄として捧げようとしていたが、悟天たちはその怪物を簡単にやっつけ、村を救う。だが、続いてそこに7年前に悟空が倒したはずの伝説の超サイヤ人・ブロリーが蘇った。悟天らの必死の戦いや、騒ぎを聞きつけたクリリンや悟飯らの力も及ばず、ブロリーの圧倒的なパワーのもとに彼らは絶体絶命に陥るが、その時7つのドラゴンボールが共鳴し、死んだはずの悟天たちの父・悟空が現れる。悟空、悟飯、悟天3人のかめはめ波によってようやく不死身のブロリーも倒れた。



■解説

蘇った伝説の超サイヤ人・ブロリーと孫悟飯たちとの戦いを描く人気アニメの映画化シリーズ第13作。「週刊少年ジャンプ」(集英社・刊)に連載中の鳥山明の同名漫画を原作に、山内重保が監督。脚本は前作に続き小山高生が担当。″94春東映アニメフェア″の一作として公開。

  • 1994年3月12日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1994)

■スタッフ

監督 山内重保 (Shigeyasu Yamauchi)
脚本 小山高生
原作 鳥山明 (トリヤマアキラ)
企画 森下孝三 (モリシタコウゾウ) 清水賢治 (シミズケンジ) 金田耕司 (カネダコウジ) 週刊少年ジャンプ
製作 泊懋 (トマリツトム) 安齊富夫 (アンザイトミオ)
作画監督 山室直儀 (ヤマムロ)
撮影 梶原裕美子 (カジワラユミコ)
美術 徳重賢 窪田忠雄 (クボタタダオ)
音楽 菊池俊輔 (キクチシュンスケ)
録音 二宮健治 (ニノミヤケンジ)
編集 福光伸一 (フクミツシンイチ)
助監督 今村隆寛 (イマムラ)
出演(声) 野沢雅子 (ノザワマサコ) 草尾毅 (クサオタケシ) 皆口裕子 (ミナグチユウコ) 田中真弓 (タナカマユミ) 嶋方淳子 高木均 (タカギヒトシ) 茶風林 (チャフウリン) 島田敏 (シマダビン)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!