映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 超能力者 未知への旅人

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

広告代理店に勤めるタカツカヒカルは、心臓発作で倒れた母の無事を祈るあまり突然体内に電流のようなものを感じた。無意識のうちに母の心臓の上に両手をかざしたところ母に生気が戻った。理由は不明だが、タカツカに他人の病気を治す超能力が突然身についたのだ。それは中国の気功師たちが出す″気″と同種のものであった。仕事仲間のカメラマン・森の重病の姪を同じように手をかざして治し、その一部始終がカメラに収められたことからタカツカは一躍マスコミの寵児となり、不治の病に冒された人々が大挙して押し寄せるようになった。日増しに彼の評判は高まる一方、医師法違反で告訴されたり、妻の明子からは普通の人間に戻ってほしいと訴えられる。塙社長の直々の命令で関東電鉄社長の難病を見事に治したタカツカの評判は政財界の大物たちにも知れ渡り、さる大物政治家の末期癌を治すことに。これまで自分や家族を犠牲にしても多くの病人たちに無償の行為の手を差しのべて来たタカツカだったが、今度ばかりは治したくないと逃げ出す。これ以上他人の運命に関わることに嫌気がさす一方、彼に見捨てられた人々が苦しみ絶望していく姿が脳裏に浮かび苦しむタカツカ。憔悴する彼の姿を見て、明子は病める人を治すことがこの人の生き方だと確信し、夫に中国行きを勧めた。″気″を使う人がたくさんおり国家的規模の研究所もある中国へ行けばタカツカの超能力の本質が見つかるかも知れない。タカツカは決意を固め、中国へ渡っていった。



■解説

突然″気″の力を身につけた平凡なサラリーマンの数奇な運命を描く、超能力者タカツカヒカル氏の実話をベースにしたドラマ。監督は「私を抱いてそしてキスして」の佐藤純彌、脚本は早坂暁、撮影は「眠らない街・新宿鮫」の浜田毅が担当。主演のタカツカ役には三浦友和が扮するが、タカツカ本人も出演し、彼が気のパワーを込めたというラスト4分間のリラックス効果も話題となった。

  • 1994年6月11日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1994)

■スタッフ

監督 佐藤純彌 (Junya Sato)
脚本 早坂暁 (ハヤサカアキラ)
企画 岡田裕介 (Yusuke Okada)
プロデューサー 河瀬光 (Mitsuru Kawase)
撮影 浜田毅 (ハマダタケシ)
美術 小澤秀高 (オザワヒデタカ)
音楽 長谷部徹 (ハセベトオル)
音楽プロデューサー 石川光 (イシカワコウ)
録音 佐原聡 (サハラ)
照明 渡辺孝一 (ワタナベコウイチ)
編集 西東清明 (サイトウキヨアキ)
監督補 阿井正樹 (アイ)
助監督 山本伊知郎 (ヤマモトイチロウ)
スクリプター 山下千鶴 (ヤマシタチヅル)
スチール 森山徹

■キャスト

俳優名 役名
三浦友和 (Tomokazu Miura)  タカツカヒカル
原田美枝子 (Mieko Harada)  明子
長谷川初範 (Hatsunori Hasegawa)  田村
安永亜衣 (ヤスナガアイ)  山村英子
下絛アトム (シモジョウアトム)  島田
北村総一朗 (Soichiro Kitamura)  石田
本田博太郎 (Hirotaro Honda)  田辺
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)  村沢社長
中野英雄 (ナカノヒデオ) 
片桐竜次 (カタギリリュウジ)  原口刑事
加藤純平 (カトウジュンペイ)  山路
勝部演之 (カツベノブユキ)  後藤専務
石橋蓮司 (Renji Ishibashi)  室伏
岩崎加根子 (イワサキカネコ)  タカツカの母
大滝秀治 (Hideji Otaki)  老人
フランキー堺 (Franky Sakai)  塙社長

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!