映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • Morocco 横浜愚連隊物語2

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

横浜愚連隊が稲山の仲立ちで滝島一家と手打ちをしてから、1年が過ぎた。辰は藤枝と新居を構え、ふたりの間には竜彦という男の子も生まれる。沢田からヒロポンの取引を持ちかけられた辰は、持病の結核が進行する恐怖を紛らわすために、ヒロポンに頼るようになっていた。辰の身を心配した塚本はやめるよう進言し、沢田のバックに金原がいることを知った辰は、沢田を徹底的に締め上げる。しかし、辰はその場にかけつけた警察に逮捕されてしまった。面会に来たケンに、辰は残っている舎弟を連れて稲山に世話になるよう指示をする。やがて出所した辰は四天王の出迎えを受けたが、吾郎も森も井山も今は稲山組の幹部として活躍していた。そんなころ、容体が急変した竜彦がそのまま帰らぬ身となり、ショックを受けた藤枝は家を出てしまう。荒んだ生活を送る辰は、女をめぐるトラブルで滝島の幹部・阿木にさらわれた香川を助けるために殴り込みをかけ、滝島との衝突を避けられないところへ追いつめられた。いったんは熱海の稲山にかくまわれた辰だったが、組に入れという誘いを断って、再び横浜へ戻ってくる。ヒロポンのシマをめぐるゴタゴタで沢田と衝突した小鉄は、沢田を後押しする金原の大量の兵隊に苦しめられたが、応援にかけつけた辰が金原の命を取り、さらにやってきたケンたちの加勢もあって、再び揃った愚連隊は沢田たちを圧倒した。香川が間を取り持って藤枝と再会するはずだった辰は、約束の港に向かう途中で滝島一家のチンピラに刺されてしまう。辰は、藤枝に「ふたりでモロッコ行こうな」と言い残して、事切れた。



■解説

血と銃の抗争に生きた伝説の男“モロッコの辰”の生涯を描く和製ノワールの第2作。パート1と二本立てで同時公開された。監督はパート1と同じ和泉聖治。主演の柳葉敏郎をはじめ、前作のキャストがずらりと並んでいる。

  • 1996年5月4日 より

  • 配給:ムービー・ブラザース
  • 製作国:日本(1996)

■スタッフ

監督 和泉聖治 (イズミセイジ)
脚本 松本功 (マツモトイサオ) 岩澤勝己 (イワサワカツミ)
原作 山平重樹 (ヤマヒラ)
企画 又来渉
製作 又来渉
プロデューサー 瀬戸恒雄 (セトツネオ) 横山和幸 (ヨコヤマカズユキ) 稲葉清治 (イナバ) 竹山昌利 (タケヤママサトシ)
撮影 鈴木耕一 (スズキコウイチ)
美術 坂本享大 (サカモト)
音楽 嶋田英二郎 (シマダエイジロウ)
音楽プロデューサー 石川光 (イシカワコウ)
録音 武市英生 (タケイチヒデオ)
照明 三萩国明
編集 福田憲二 (フクダケンジ)
助監督 梅原紀且 (ウメハラ)
スクリプター 山下千鶴 (ヤマシタチヅル)
その他

■キャスト

俳優名 役名
柳葉敏郎 (Toshiro Yanagiba)  モロッコの辰
岸本加世子 (Kishimoto Kayoko)  藤枝
中野英雄 (ナカノヒデオ)  塚本
野村祐人 (Yujin Nomura)  香川
中村繁之 (ナカムラシゲユキ)  ケン
長倉大介 (ナガクラダイスケ)  青木
哀川翔 (Sho Aikawa)  迫水吾郎
松田勝 (マツダマサル)  森大助
小泉雄司 (コイズミユウジ)  井山栄一
内藤剛志 (Takeshi Naito)  ハマの小鉄
中本賢 (Ken Nakamoto)  野毛の沢田
渡辺哲 (Tetsu Watanabe)  滝島正之助
根津甚八 (Jinpachi Nezu)  稲山一武
井上誠吾 (イノウエセイゴ)  金原東一郎
須賀良 (スガリョウ)  円山組・柴田徳三
室田日出男 (ムロタヒデオ)  警察署長
山口仁 (Hitoshi Yamaguchi)  阿木広志
坂上香織 (サカガミカオリ)  マキ
飯島大介 (イイジマダイスケ)  滝島一家・幹部
平賀雅臣   辰の舎弟たち
近藤弐吉 (コンドウ)  辰の舎弟たち
島田義宏 (シマダヨシヒロ)  辰の舎弟たち

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!