映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 走らなあかん 夜明けまで

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

食品会社に勤める普通のサラリーマンの坂田勇吉は、新製品の極秘資料の入ったアタッシュケースを手に、大阪支社へ出張にやってきた。ところが、観光気分で通天閣を見物していた坂田は、ふとした隙にケースを置き引きされてしまう。あてもなく大阪の街を探し歩いた坂田は、たまたま入った飲み屋で置き引きの犯人・橋崎を見つけ、その男からケースが大山三治という運び屋に渡ったことを知った。坂田は三治の幼なじみのホステス・真弓に案内されて三治と会うが、ケースはすでに堀川組というヤクザの手に渡っていた。坂田はケースを取り違えられて、ヤクザの取引に巻き込まれたのだった。事情を知った堀川組の組長は真弓を人質に取って、取引の金を持ち逃げした千波会の富田から、夜明けまでに金を取り返してくるよう坂田に命じる。三治とふたりで正面から富田にぶつかった坂田は、さんざん叩きのめされて退散し、真弓の昔の恋人で今は焼肉屋をしている金倉に助けを求めた。金倉はカタギだが大阪のケンカチャンピオンと言われた男で、三治も一目置く存在だった。富田から金が兄貴分の秋津に渡ったことを聞きだした金倉は、秋津と話をつけようとするが、逆に撃たれて重傷を負う。秋津を追った坂田は、サウナで秋津が眠りこけている隙に金の入ったケースを奪い、堀川のもとへ急いだ。組員たちは金を受け取ると、約束を無視して坂田を取り押さえたが、堀川はそれを止めさせ、真弓を解放してケースも返してやるのだった。すっかり夜も明けたころ、無事に警察に保護された坂田と真弓は、パトカーの中で笑顔で見つめ合っていた。



■解説

出張で大阪にやってきたビジネスマンが、アタッシュケースを間違えられたことからヤクザの抗争に巻き込まれ、奔走する姿をコミカルに描いたハードボイルド。監督は「難波金融伝 ミナミの帝王」シリーズで大阪を巧みに描出している萩庭貞明。脚本は「シンガポールスリング」の丸内敏治と、「Zの回路 復讐の裏ゴト師」の監督などで知られる石川均。主役のサラリーマンに「白鳥麗子でございます!」の萩原聖人。共演は「119」の大塚寧々、「トキワ荘の青春」の大森嘉之、「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PART V」の夏八木勲ほか。

  • 1996年3月30日 より

  • 配給:エクセレントフィルム
  • 製作国:日本(1996)

■スタッフ

監督 萩庭貞明 (ハギニワサダアキ)
脚本 丸内敏治 (マルウチトシハル) 石川均 (イシカワヒトシ)
原作 大沢在昌 (オオサワ)
製作 長谷川國夫 (ハセガワクニオ) ミナミ十吾 (ミナミジュウゴ) 谷口勝 (タニグチマサル)
プロデューサー 小林壽夫 (コバヤシトシオ) 木戸田康秀 松山浩士 (マツヤマ) 結城哲也 (ユウキテツヤ) 神田民雄 (カンダタミオ) 前田茂司 (マエダ)
撮影 三好和宏 (ミヨシカズヒロ)
美術 山田好男 (ヤマダヨシオ)
音楽 梅林茂 (Shigeru Umebayashi)
音楽プロデューサー 高木健次 (タカギケンジ)
録音 横野一氏工 (ヨコノカズシコ)
編集 奥原茂 (オクハラシゲル)
助監督 久保寺和人 (クボデラカズヒト)
スクリプター 赤澤環 (アカザワタマキ)
闘技監督 高瀬将嗣 (タカセマサツグ)

■キャスト

俳優名 役名
萩原聖人 (Masato Hagiwara)  坂田勇吉
大塚寧々 (Otsuka Nene)  橋崎真弓
大森嘉之 (オオモリヨシユキ)  大山三治
世良公則 (セラマサノリ)  金倉健一
夏八木勲 (Isao Natsuyagi)  堀河幸三郎
片桐竜次 (カタギリリュウジ)  刑事
岡田洪志 (オカダ)  水野
石倉英彦 (イシクラヒデヒコ)  唐山
天田益男 (アマダマスオ)  大石
本山力 (モトヤマ)  佐々木
山崎博之 (ヤマザキヒロユキ)  長内
伊吹太郎 (イブキタロウ)  橋崎
國村隼 (Jun Kunimura)  秋津
麻立丸   富田
坂田雅彦 (サカタマサヒコ)  山内
安藤麗二 (アンドウレイジ)  安東
塚本加成子 (ツカモトカナコ)  ひとみ
香田修   西川
宇野ポテト (ウノポテト)  サウナのフロントマン

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!