映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 勝手にしやがれ!! 逆転計画

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

たばこ屋の看板娘・サツキに一目惚れした雄次は、早速、彼女に接近しようとしたがなかなかうまくいかなかった。その上、借金のカタに奪った車で事故を起こして、車を廃車にしてしまうわ、テレビは壊れるわ、麻雀をやれば負けるわで、運にもすっかり見放されたようだった。ようやく福引で当てた一等のウォークマンがきっかけとなって、雄次はサツキと仲良くなることができたのだが、ツキを取り戻そうと競馬に挑戦して全財産をスッてしまい、またまた落ち込むことになった。ひょんなことからヤクザの黒川の持つ1000万円を手に入れた雄次は、すぐにそのことが黒川にバレたために金を返すことになるが、1000万は雄次が隠しておいた場所から消えていた。上納金を収めなかったことで銀星会から追われることになった黒川とともに、雄次と耕作も逃げ回る羽目になってしまう。ところが、1000万を盗んだのはサツキの父・杉山だった。競馬好きの杉山は偶然に知り合った雄次の金を勝手に増やしてやろうとして、サツキと馬券を購入していたのだ。しかし、結果は惨敗に終わり、銀星会の手が杉山や雄次たちにも回ってきて、周囲は慌ただしくなってきていた。結局、約束までに金を返却できなかった雄次たちは、銀星会の連中に処刑されることになってしまうが、すんでのところで黒川に助けられ、一件落着した。その後、耕作が福引で当てたハワイ旅行を貰い受けた杉山とサツキが、ペリカンレースで大当たりを出して、向こうに移住することになるらしいとの噂が、雄次と耕作の耳に届いた



■解説

おなじみ雄次と耕作の“勤労ハンパ者”コンビが“ツキ”をめぐって繰り広げる騒動を描いた、人気シリーズの第4弾。監督・脚本は「勝手にしやがれ!! 黄金計画」の黒沢清で、撮影も同じく「勝手にしやがれ!! 黄金計画」の喜久村徳章が担当している。主演は哀川翔と前田耕陽。いつものレギュラー陣も顔を揃え、今回のマドンナには「王手」の仁藤優子を迎えている。スーパー16ミリからのブローアップ。

  • 1996年2月23日 より

  • 配給:ケイエスエス
  • 製作国:日本(1996)

■スタッフ

監督 黒沢清 (Kiyoshi Kurosawa)
脚本 黒沢清 (Kiyoshi Kurosawa)
企画 伊藤靖浩 (イトウヤスヒロ) 神野智 (ジンノサトシ)
製作 須崎一夫 (スザキカズオ)
プロデューサー 伊藤正昭 (イトウマサアキ) 下田淳行 (シモダアツユキ) 鎌田賢一 (カマタケンイチ)
撮影 喜久村徳章 (キクムラトクショウ)
美術 磯見俊裕 (イソミトシヒロ)
音楽 トルステン・ラッシュ (Torsten Rasch)
録音 深田晃 (フカダアキラ)
音響効果 福島行朗 (フクシマユキオ)
照明 金沢正夫 (カナザワマサオ)
編集 冨田伸子 (トミタノブコ)
衣裳 古藤博 (フルフジヒロシ) 中川知 (ナカガワ)
助監督 原正弘 (ハラマサヒロ)
スクリプター 出射一美
スチール 奥川彰

■キャスト

俳優名 役名
哀川翔 (Sho Aikawa)  藤田雄次
前田耕陽 (マエダコウヨウ)  吉行耕作
仁藤優子 (ニトウユウコ)  サツキ
河原崎建三 (Kenzo Kawarazaki)  杉山
下元史朗 (シモモトシロウ)  黒川
SABU (Sabu)  小笠原
洞口依子 (Doguchi Yoriko)  羽田由美子
大杉漣 (Ren Osugi)  鈴木栄(先生)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!