映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 女飼い

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

丸忠物産・第一企画開発部の秋島竜次は会社始まって以来の不良社員とささやかれていたが、それは仮の姿で、実は政財界の裏側で絶大な力を誇る闇のフィクサー・箕輪の下で働く優秀な仕事人だった。ある日、竜次のもとに、東亜銀行の財政部長の落合が白山組のチンピラに殺害された事件の真相を探れとの、箕輪からの依頼が入った。早速、竜次は鵜飼いの鵜のように飼い慣らしてある5人の女たちから情報を収集し、見返りに竜次は絶妙のテクニックで彼女たちを一晩たっぷり可愛がってやるのだった。集めた情報から、東亜銀行は水面下で暴力団と通じているらしいことが分かった。さらに、殺された落合と肉体関係にあった東亜銀行の秘書・裕子が事件の鍵を握っていることをつきとめた竜次は、巧みに彼女に接近していく。だが、彼の調査が核心に近づくにつれ、何者かが不穏な動きを示し、竜次の命を狙ってきた。そして、薄幸のハイミス・栄子がその犠牲になって殺害されてしまう。怒りを爆発させた竜次は裕子から事件の真相を聞き出すが、裕子もまた殺された。事件の裏では通産省の役人と銀行の幹部、そして暴力団が結託して暴利を貪っていたのだった。落合はその不正を暴こうとして殺害され、彼の娘もその犠牲になっていた。裕子が実父の起こした事件をネタに彼らにロボットのように利用されていたこともわかった。復讐に燃える竜次は彼らの悪行の数々を白状させ、それをテープに録音する。後日、事件は箕輪の手によって明るみになり、不正に関与した政治家たちは芋づる式に逮捕された。



■解説

各界に愛人を持ち、彼女たちから裏の情報を得て事件を解明していく仕事人、通称“女飼い”の活躍を描いたエロティック・サスペンス。オリジナル・ビデオとして過去2作がリリースされ、今回が初の劇場版となった。監督は「姉妹・凌辱!」の廣西眞人。広山義慶の原作を、「ろくでなしBLUES(1996)」のこがねみどりと山田耕大が脚色。撮影を「極道拳」の井上明夫が担当している。主演は「ゴト師株式会社II」の名高達男。共演に「くノ一忍法帖 忍者月影抄」の大西結花、「でべそ」の清水ひとみ、「美味しんぼ」の南原宏治ほか。R指定。スーパー16ミリからのブローアップ。

  • 1996年9月7日 より

  • 配給:ビームエンタテインメント
  • 製作国:日本(1996)

■スタッフ

監督 廣西眞人 (ヒロニシマサト)
アクション監督 齋藤英雄 (サイトウヒデオ)
脚本 山田耕大 (Kota Yamada)
原作 広山義慶 (ヒロヤマ)
企画 藤岡修 (フジオカオサム) 植木実 (ウエキミノル)
プロデューサー 鈴木雅人 (スズキマサト) 半澤高弘
協力プロデューサー 渡辺龍夫 (ワタナベタツオ)
撮影 井上明夫 (イノウエアキオ)
アートディレクター いけだのりき (Noriki Ikeda)
美術 常盤俊春
録音 西岡正己 (ニシオカマサミ)
音響効果 福島音響 (フクシマオンキョウ)
照明 前原信雄
編集 飯塚勝 (イイヅカマサル)
衣裳 磯井篤郎 (イソイアツ)
選曲 金成謙二
助監督 佐伯英二 (サエキエイジ)
スクリプター 増田実子
その他
スチール 石原宏一 (イシハラコウイチ)

■キャスト

俳優名 役名
名高達男 (Tatsuo Nadaka)  秋島竜次
大西結花 (オオニシユカ)  西城裕子
清水ひとみ (シミズヒトミ)  野村栄子
南原宏治 (ナンバラコウジ)  箕輪伍六
水谷ケイ (ミズタニケイ)  兼村由美子
横須賀よしみ (ヨコスカヨシミ)  松沢典子
大原牧佑 (オオハラ)  藤江真沙美
日下部奈緒 (クサカベナオ)  皆川厚美
中上ちか (ナカガミチカ)  伊口奈津子
木村栄 (キムラサカエ)  坂上雄喜
鈴木ヒロミツ (スズキヒロミツ)  中川敏治
内田勝正 (ウチダカツマサ)  梅原成行
山下洵一郎 (ヤマシタジュンイチロウ)  長谷川浩
長谷川弘 (ハセガワヒロシ)  染井俊造
高土新太郎   落合
ゆうこ   落合の娘

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!