映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 海ほおずき The Breath

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

かつてカンテン堂の異名をとった名探偵の灰田は、今は薬物依存症のリハビリに日々を費やす冴えない中年となり果てていた。身元引受人の女検事・名月から久しぶりの探偵の仕事を依頼された灰田は、5年前に台湾で失踪した女子大生・真理子を探すため、突然母親のもとに届いた「私の息を届けます」という真理子の手紙を唯一の手掛かりに台湾へ飛んだ。灰田はまず助手を雇おうとし、彼の前に現われたあまり日本語の話せない謎めいた女をまりこと命名する。なぜか灰田の行く先々には、出発前の日本で命を助けた逆谷が待っていた。航海士の逆谷は過去に日本漁船襲撃事件に遭い、その時自分に恥辱を与えた楊という女性を捜していた。灰田は逆谷の行動に付き合い、逆谷と楊の再会に立ち会う。そんな灰田に、5年前に日本人女性を殺して埋めたタクシー運転手が逮捕されたというニュースが届いた。灰田はまりこと事件現場を調査し、ベレー帽をかぶったまりこの幻を見る。その後、日本語のわかる床屋に案内された灰田は、そこで幻に見たベレー帽を発見し、床屋の奥さんの助けを得て真理子とまりこの隠された関係を知った。真理子とまりこは文通を重ねた友人で、真理子が台湾を訪れた時に小さな諍いがあって、真理子がタクシーに乗り去ったまま別れ別れになっていた。手紙は投函されずじまいだったものをまりこが送ったのだった。灰田は、真理子との別離と同じようなかたちでまりこと別れた。彷徨を終えた灰田は日本に帰り最後の謎を解く。ベレー帽の中には海ほおずきが挟み込まれ、それには、まりこと別れる寸前の真理子の息が吹き込まれているのだ。



■解説

台湾の映画人との交流を深めてきた林海象と、演劇界の巨匠・唐十郎とのコラボレーションによる、日本人女子大生の台湾失踪事件をベースにした日本=台湾合作の幻想ミステリー。唐がこれまで小説・戯曲で手掛けてきたテーマを発展させて脚本を書き下ろし、自ら主演。「罠(1996)」の林が監督をつとめた。共演は台湾のトップシンガーのタン・ナ、「陽炎2」の原田芳雄、「エドワード・ヤンの恋愛時代」のニ・シュジュンなど。撮影監督は「罠(1996)」の長田勇市。音楽も林作品常連のめいなCo.が担当し、ディック・リーが挿入曲を作曲した。

  • 1996年9月21日 より

  • 配給:映像探偵社=Me&Herコーポレーション
  • 製作国:日本(1996)

■スタッフ

監督 林海象 (Kaizo Hayashi)
脚本 唐十郎 (カラジュウロウ)
製作総指揮 林海象 (Kaizo Hayashi) 余為彦
プロデュース 嵯峨芳春 (サガヨシハル) 馬越勲
製作 後藤豊 (ゴトウユタカ) 田中迪 (タナカ)
プロデューサー 古賀俊輔 (コガシュンスケ) 尾越浩文 (オゴシヒロフミ) 南條昭夫 (ナンジョウアキオ) 和田倉和利 (ワダクラカズトシ) 元持昌之 (モトモチマサユキ)
撮影 長田勇市 (ナガタユウイチ)
美術監督 木村威夫 (Takeo Kimura)
美術 伊藤ゲン (イトウゲン)
音楽監督 めいなCo. (メイナカンパニー)
音楽 ディック・リー (Dick Lee)
音楽プロデューサー 大原高穂 (オオハラ)
中島みゆき (ナカジマミユキ)
録音 荒畑洋 (アラハタ)
編集 冨田伸子 (トミタノブコ)
助監督 増本知尋 (マスモト)

■キャスト

俳優名 役名
唐十郎 (カラジュウロウ)  灰田
タン・ナ (Tang Na)  まりこ
原田芳雄 (Yoshio Harada)  逆谷
ニ・シュジュン   楊影紫
鰐淵晴子 (ワニブチハルコ)  名月
馬渕晴子 (マブチハルコ)  床屋の奥さん
佐野史郎 (Shiro Sano) 
小名紫  
楊海平  

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!