映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • BeRLiN

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

風俗に関するドキュメンタリー番組を制作している撮影クルーが、キョーコをめぐる人々への取材を続けている。そのキョーコと名乗る女性は、ホテトル嬢の事務所に一年半ほど在籍し、二か月前に突然姿を消した。彼女は“壁”のかけらが入っているという袋をお守りのように首から下げていた。偶然見かけたキョーコにもう一度会いたくてデートクラブに通いつめたサラリーマンのオガタは、いつしかクルーの取材に同行するようになる。オガタたちはキョーコに関する様々な証言を集めていった。同じ事務所のレイコに案内されキョーコのアパートを訪れた一行は、その部屋にやってきた青年の姿を見かける。その青年はレイコも知らない男だった。すでに番組を完成させながらも取材を続ける面々を、プロダクション社長の山崎は理解できない。山崎の批判をよそに、オガタはアパートを張り込んで先の青年を捕まえる。鉄夫というそのペンキ屋の男は、深夜の街でキョーコと出会い彼女の部屋で暮らし始めたという。彼もまたふらりと出ていったキョーコの帰りを待ち続ける一人だった。ある日、山崎はオガタの部屋を訪ねる。オガタは会社を休んでキョーコの居所を捜し続けていた。憑かれたようなオガタの姿に、いつしか山崎も影響を受けていた。深夜、オガタたちはテレビの街頭インタビューでキョーコらしき女性の姿が映し出されたのを発見する。慌ててその現場へ駆けつけると、彼女を捜す鉄夫の姿もあった。彼女が去った方向を求めて彼らは追いかける。しかし結局キョーコを見つけることはできず、オガタは行き詰まった壁に頭をぶつけて泣くのだった。彼らとはぐれていた鉄夫はキョーコの幻を見ながら、彼女がいつも口癖にしていた「みんな、がんばれ」という言葉を叫ぶ。その時、壁の向こう側にキョーコが帰ってきていたようにも見えた。



■解説

失踪したホテトル嬢を捜す人々の心情をあたたかなタッチで描く群像ドラマ。テレビ・クルーが取材を通しヒロインを捜す構成を取り、回想部分をカラー、現在をモノクロ、取材内容をVTR画面により描いている。監督・脚本は「エレファントソング」の利重剛。撮影は「Love Letter」の篠田昇、音楽は「遥かな時代の階段を」のめいなCo.がそれぞれ担当。主演は「大失恋。」の中谷美紀と「コールド・フィーバー」の永瀬正敏。95年度日本映画監督協会新人賞を受賞。

  • 1995年12月23日 より

  • 配給:ケイエスエス
  • 製作国:日本(1995)

■スタッフ

監督 利重剛 (リジュウゴウ)
脚本 利重剛 (リジュウゴウ)
企画 一瀬隆重 (イチセタカシゲ)
製作統括 伊藤靖浩 (イトウヤスヒロ)
製作 須崎一夫 (スザキカズオ)
プロデューサー 石田幸一 (イシダコウイチ) 仙頭武則 (セントウタケノリ) 小林広司 (コバヤシコウジ)
撮影 篠田昇 (シノダノボル)
美術 磯見俊裕 (イソミトシヒロ)
音楽 めいなCo. (メイナカンパニー)
録音 滝澤修 (タキザワオサム)
照明 中須岳士 (ナカスタケシ)
編集 掛須秀一 (カケスシュウイチ)
助監督 青山真治 (Shinji Aoyama)
スクリプター 平野千恵

■キャスト

俳優名 役名
中谷美紀 (Miki Nakatani)  キョーコ
永瀬正敏 (Masatoshi Nagase)  鉄夫
ダンカン (ダンカン)  オガタ
山田辰夫 (ヤマダタツオ)  山崎
あめくみちこ (Ameku Michiko)  レイコ
萩原聖人 (Masato Hagiwara)  映写技師
石堂夏央 (イシドウナツオ)  ゲスト出演
大島渚 (Nagisa Oshima)  ゲスト出演
岡村隆史 (オカムラタカシ)  ゲスト出演
川越美和 (Miwa Kawagoe)  ゲスト出演
鴻上尚史 (コウカミショウジ)  ゲスト出演
佐山真理 (サヤママリ)  ゲスト出演
鈴木史郎 (スズキシロウ)  ゲスト出演
芹沢礼多 (セリザワ)  ゲスト出演
原知佐子 (ハラチサコ)  ゲスト出演
ひさうちみちお   ゲスト出演
広岡由里子 (ヒロオカユリコ)  ゲスト出演
福岡政行 (フクオカマサユキ)  ゲスト出演
福岡芳穂 (フクオカヨシホ)  ゲスト出演
松岡俊介 (マツオカシュンスケ)  ゲスト出演
松田美由紀 (マツダミユキ)  ゲスト出演

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!