映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ザ・ギャンブラー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和74年。世界中から流れついたあらゆる人種が棲みつき無国籍化した無法地帯。国家によって封鎖されたこの《町》に、さすらいの男(プレイヤー)が流れ着いた。カードの腕は超一流だが、ラスヴェガスで問題を起こし首に10万ドルの賞金がかかっている。彼の腕を見込んだ台湾マフィアの大物(ターレン)が半月後に迫ったギャンブル・パーティを仕切ってくれと声をかける。しかし「俺はもうプロじゃない」と断るプレイヤー。ターレンは、プレイヤーのあとを追うようにやって来た元傭兵の女(ソルジャー)を用心棒に雇った。ターレンのクラブを出たプレイヤーは合理的な近代ヤクザ(オナラブル)のもとに身を寄せる事になる。そこでひとりのアル中の男に勝負を挑まれる。その男こそエースのジョー。20年前なら、知らないというだけで命がなかったというヤクザであった。半月後、アル中を克服しターレンのギャンブル・パーティを仕切るジョーとプレイヤーが一騎打ちを行う。ターレンはジョーが負けないようイカサマを仕掛けるがジョーは拒否。結局プレイヤーが勝負に勝つ。ジョーは裏切りの罪でターレンの手中に落ちてしまう。奇妙な友情のもと、プレイヤーとソルジャーはジョーを助け出すが、ジョーはターレンに撃たれ「ゲームは人生と同じだけ続き、そして終わる」と言い残し絶命する。そして、プレイヤーとソルジャーはまた別の町に流れてゆくのだった。



■解説

近未来、無法地帯に流れ着いたお尋ね者の賭場での活躍を描く、往年の日活アクションを蘇らせた作品。監督・脚本は「神様のピンチヒッター」(ビデオ作品)の矢作俊彦。撮影は高瀬比呂志が担当。

  • 1992年9月1日 より

  • 配給:にっかつ
  • 製作国:日本(1992)

■スタッフ

監督 矢作俊彦 (ヤハギトシヒコ)
脚本 矢作俊彦 (ヤハギトシヒコ)
プロデューサー 谷口公浩 (タニグチキミヒロ) 瀬田素 石原真 (イシハラ)
撮影 高瀬比呂志 (タカセヒロシ)
美術 山崎輝 (ヤマザキヒカル)
音楽 宇崎竜童 (ウザキリュウドウ)
録音 柿沢潔 (カキザワキヨシ)
照明 高柳清一 (タカヤナギセイイチ)
編集 阿部浩英 (アベヒロヒデ)
衣装 青木茂 (アオキシゲル)
助監督 出射均
スチール 高井りえ

■キャスト

俳優名 役名
松田ケイジ (マツダケイジ)  プレイヤー
洞口依子 (Doguchi Yoriko)  ソルジャー
川地民夫 (カワチタミオ)  オナラブル
草薙幸二郎 (クサナギコウジロウ)  ターレン
杉原光輪子   ダンサー
ケント・フリック   パイロット
原川浩明 (ハラカワヒロアキ)  ガーディアン
佐藤誓 (サトウセイ)  スピーカー
泉谷しげる (Shigeru Izumiya)  パトロン
宍戸錠 (Jo Shishido)  エースのジョー

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!