映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • のぞみ・ウィッチィズ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

陽西学園の新学期当日江川望と司葉遼太郎は、共に転校生として紹介される。望はニュージーランド帰りで、英語ペラペラ、成績優秀、しかもスポーツ万能。成績最低の遼太郎の目には、カンペキ少女の望がまるで魔女(ウィッチ)のように見えた。ある日、望は同級生の山崎瞳をカツ上げしているスケバン達を小さい時から習っていた華麗なボクシングテクニックで撃退した。しかし、そんな望には悲しい過去があった。彼女の兄・健は、ボクシングでソウル五輪の日本代表選手に選ばれる程だったが、飛行機事故で亡くなっていた。そして、彼女は遼太郎の怒った時の目が、兄のそれとそっくりであることに気付き、心の中である決意が固まる。望は手初めに、遼太郎をだまして舞台研に入れさせ、女だらけのクラブの唯一の男子部員として、遼太郎は大いにしごかれるのだった。そんな時、遼太郎は舞台研部長・北川から突然ボクシング部への出向を命じられる。これも、実は望が書いたシナリオどおりだった。ボクシング部には、無敗を誇るチャンピオンである主将の南条章吾がいる。出向いて早々のスパーリングで、いきなり南条のパンチの洗礼を受ける遼太郎だったが望は、遼太郎の速いスピードで動くものがちゃんと見える眼=動態視力が、人一倍優れていることを発見する。そして、その翌朝から望と遼太郎の二人だけのトレーニングが始まった。見る見るうちにボクサーとして成長してゆく遼太郎。こうして、遂に南条との対決となり、死闘の末、遼太郎は南条を倒したのだった。



■解説

ある学園を舞台に、天真爛漫でスポーツ万能の美少女江川望と、ドジで素直さだけが取り柄の少年司葉遼太郎が繰り広げる爽やかな青春模様を描く。野部利雄原作の同名漫画の映画化で、脚本・監督は「クレージーボーイズ」の関本郁夫、撮影は野口幸三郎がそれぞれ担当。

  • 1990年3月17日 より

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(1990)

■スタッフ

監督 関本郁夫 (セキモトイクオ)
脚本 関本郁夫 (セキモトイクオ)
原作 野部利雄
企画 新井一夫 (アライカズオ)
製作 高倉英二 (タカクラエイジ)
プロデューサー 三浦道雄 (ミウラミチオ) 大曲暎一
撮影 野口幸三郎
美術 渡辺平八郎 (ワタナベヘイハチロウ)
音楽 広瀬健次郎 (Kenjiro Hirose) 北条美樹
主題歌 藤谷美紀 (フジタニミキ) 宮下直紀 (ミヤシタナオキ)
録音 信岡実 (ノブオカミノル)
照明 小中健二郎 (コナカケンジロウ)
編集 冨宅理一
監督補 白井政一 (シライマサカズ)
スチール 副田宏明

■キャスト

俳優名 役名
藤谷美紀 (フジタニミキ)  江川望
宮下直紀 (ミヤシタナオキ)  司葉遼太郎
市川紀子 (イチカワノリコ)  北川(舞台研部長)
澤崎愛子   山崎瞳
長倉大介 (ナガクラダイスケ)  南条章吾
赤塚真人 (Makoto Akatsuka)  英語教師
千野真沙美   バレリーナ
片桐はいり (Katagiri Hairi)  古典教師
ライオネス飛鳥 (ライオネスアスカ)  スケバン
福田健吾 (フクダケンゴ)  望の兄
具志堅用高 (グシケンヨウコウ)  ボクシング部監督
細川直美 (ホソカワナオミ)  遼太郎の初恋の人
常田富士男 (トキタフジオ)  白鳥の世話人
由紀さおり (ユキサオリ)  遼太郎の母
宍戸錠 (Jo Shishido)  遼太郎の父

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!