映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 素っ裸の年令

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

目もくらむスピード−−今日も雷族、ハイティーンの健、ローティーンのサブ、ダダ、バッタたちのオートバイが行く。彼らのオートバイは全部、商店の店先から拝借したもの。駅前にくると“持主に返してくれ”という札をつけて彼らは“別荘”に引揚げる別荘とは米軍基地の一隅に見捨てられたカマボコ兵舎。三人のほかにミッキー、パー子、クロ、健の情婦・陽子などが、ここへ集り、それぞれの稼ぎを集めて平等に分配する毎日だった。彼らは、みんな夢をもっていたが、漁師を父にもつ健は船員になろうと希望していた。彼は赤新聞の記者・早船にローティーンの行状を提供する代りに船会社への就職を依頼した。ある夜、サブはクロと公園を散歩中、通りがかりのアベックの女から「週刊誌に出ていたローティーンやくざよ、手出ししないはうがいいわ」といきなり財布や時計を投げ出され、びっくり仰天。翌日の新聞には「恐るべきローティーンの暴力」という記事がデカデカと出ていた。サブは仲間に会うと俺たちの中に裏切者がいると、いきまいた。そんなある日、健は早船の口車に乗っていることに気づいた。やけくそになった健は、ミッキーが持ってきた爆弾はこびを引受けた。爆弾はこびとは、関西のやくざに火薬を運搬することで数日後、危険な仕事の報酬として健は百万円を受取った。別荘では盛大な乾杯−−田舎に帰って一旗あげるぞと御機嫌の健。しかし陽子は健から別れると言われて愕然。一方、サブたちも今までどおり平等に分配されると喜んでいた金が、ただの十万円彼らに渡されただげ。健は、不服だったら腕で来いとオートバイに乗った。房総の海岸線を飛ばす健。それをサブたちが追った。余りのスピードに健は断崖から転落した。数日後「ハイティーンを死に追いやるローティーンやくざの暴挙」という見出しの赤新聞が街に出たが返品の束が輸送車にほうりこまれるのを見ながら、早船はつぶやいた。「あきっぽいな大衆は、ローティーンよおさらばだ」。



■解説

「女子大学生 私は勝負する」の寺田信義と、鈴木清順の脚本を「暗黒の旅券」の鈴木清順が監督したローティーンもの。撮影は「かわいい女」の藤岡粂信。

  • 1959年9月8日 より

  • 配給:日活
  • 製作国:日本(1959)

■スタッフ

監督 鈴木清順 (Seijun Suzuki)
脚本 寺田信義 (テラダノブヨシ) 鈴木清順 (Seijun Suzuki)
企画 笹井英男 (ササイヒデオ)
撮影 藤岡粂信
美術 坂口武玄 吉田協佐
音楽 渡辺宙明 (ワタナベチュウメイ)
録音 中村敏夫 (ナカムラトシオ)
編集 鈴木晄 (スズキアキラ)

■キャスト

俳優名 役名
赤木圭一郎 (アカギケイイチロウ) 
堀恭子 (ホリキョウコ)  陽子
藤巻三郎 (フジマキサブロウ)  サブ
小沢真好 (オザワマサヨシ)  バッタ
仙頭哲   ダダ公
久世晴美 (クゼハルミ)  ミッキー
島田蓉子 (シマダヨウコ)  パー子
清水秀一 (シミズシュウイチ)  まあ坊
左卜全 (ヒダリボクゼン)  権爺
波多野憲 (ハタノケン)  佐伯
鈴木三右衛門 (スズキミエモン)  PTA役員
紅沢葉子 (ベニサワヨウコ)  PTA役員
高原駿雄 (タカハラトシオ)  早船
広岡三栄子 (ヒロオカミエコ)  章代
久松晃 (ヒサマツアキラ)  庄吉
初井言栄 (ハツイコトエ)  房江
緑川宏 (ミドリカワヒロシ)  巡査
須藤孝 (スドウタカシ)  大学生

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!