映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 花の魔法使いマリーベル フェニックスのかぎ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

今日は“フェニックス”トートーの500歳の誕生日。マリーベルは友だちのユーリとケン、そして犬のリボンを連れて、花魔法界のトートーに会いに出掛けた。花魔法界は夢のような美しいところで、トートーに会えたユーリとケンは大喜び。マリーベルらは歌を歌ってトートーの誕生日を祝った。“フェニックス”は500年ごとに人間界へ赴き、心のかぎを取り替えては新しく生まれ変わってきた。今回もトートーは心のかぎ穴とピッタリ合う人を探しにマリーベルらと人間界へ向かうが、誤って悪の鳥に変身してしまう。地上で暴れまくるトートーに打つ手はなく、マリーベルらも危機に陥るが、ユーリとケンのマリーベルを思う心が通じ、トートーは無事花魔法界に戻っていくのであった。



■解説

花魔法の世界からやってきた女の子マリーベルの大活躍を描く、人気テレビアニメの劇場用映画化。監督・脚本は「ジャンケンマン」の遠藤徹哉が担当。

  • 1992年8月8日 より

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(1992)

■スタッフ

監督 遠藤徹哉 (エンドウテツヤ)
脚本 遠藤徹哉 (エンドウテツヤ)
企画 大西良昌 佐藤俊彦 (サトウトシヒコ)
製作 土田民也 (ツチダ) 加藤博 (カトウヒロシ)
プロデューサー 田口智幸 (タグチ) 梅原勝 (ウメハラマサル)
キャラクター・デザイン 金賀津哲
撮影 橋本和典 (ハシモトカズノリ)
美術 地蔵本拓嗣
音楽 石黒孝子 (イシグロタカコ)
音楽プロデューサー 沼田講治 (ヌマタ)
編集 ジェイ・フィルム (JAY FILM) 辺見俊夫 (ヘンミトシオ) 山森重之 (ヤマモリシゲユキ)
出演(声) 本多知恵子 (ホンダチエコ) 坂本千夏 (サカモトチカ) 折笠愛 (オリカサアイ) こおろぎさとみ (コオロギサトミ) 三石琴乃 (ミツイシコトノ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!