映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 三人姉妹(1959)

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

尾形家は真弓、美保、陽子の三人姉妹に気の弱い両親、そして権力絶大なるおばあちゃんの六人家族である。日本棋院五段の免状を持つおばあちゃんは出張教授を承って尾形家の生活費の大半を支えているので万般にわたって権力がある。三人姉妹の心配するのは、この権力家のおばあちゃんが養子縁組を力説することである。自分達の恋人に、養子ゆえに気の弱い父親の二の舞いはさせたくない。バスガイドの真弓には自衛隊員の佐山という恋人がいるが、この佐山の養子ぎらいが悩みの種である。高校生の美保は学校の帰り、悪童連のいたずらから救ってくれたクラスメートの環克彦とつき合うようになった。隣家の浪人学生原田のめめしいのに比較すると、克彦の不良っぽさが美保の気に入った。「俺のスケになるか?」と言われ、ドギマギしているうちに、仲良しのマリが早くも克彦と雀射ちの約束をするのを見ては心が騒いでくる。失業したことでおばあちゃんに説教された父が家出した。佐山とおばあちゃんが正面衝突してしまったので真弓も尾形家を飛び出した。母もとうとう独裁に反抗した。この集団家出以来おばあちゃんはよけい依怙地になった。雀射ちは失敗だった。マリは空気銃で怪我するし、克彦は犯人扱いされて大ムクレ。しかもマリの家で出張教授中のおばあちゃんの耳に、美保がトリスバーの息子克彦と仲がよいということが聞こえてしまった。おばあちゃんの茶のみ友達が大往生を遂げた。さすがにショックだった。タイミングよしと美保は集団家出組を呼び返し、一同揃っておばあちゃんの存在を再確認した。おばあちゃんはおとなしくみんなの口車に乗った。真弓と佐山の結婚もOK、尾形家の新しい養子候補はおばあちゃんに勇敢にたち向った克彦だった。



■解説

中村八朗の原作を、「がんばり娘」の馬場当が脚色したホームドラマ。「朝を呼ぶ口笛」の生駒千里が監督し、「バラ少女」の篠村荘三郎が撮影した。

  • 1959年6月14日 より

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(1959)

■スタッフ

監督 生駒千里 (イコマチサト)
脚色 馬場当 (ババマサル)
原作 中村八朗 (ナカムラハチロウ)
製作 桑田良太郎 (クワタリョウタロウ)
撮影 篠村荘三郎 (シノムラソウザブロウ)
美術 平高主計
音楽 鏑木創
録音 大野久男 (オオノヒサオ)
照明 中田達治 (ナカダタツジ)
編集 谷みどり (タニミドリ)

■キャスト

俳優名 役名
杉田弘子 (スギタヒロコ)  尾形真弓
十朱幸代 (Toake Yukiyo)  尾形美保
金井かつみ (カナイカツミ)  尾形陽子
東山千栄子 (ヒガシヤマチエコ)  祖母静香
日守新一 (ヒモリシンイチ)  父京太
沢村貞子 (サワムラサダコ)  母咲枝
田浦正巳 (タウラマサミ)  原田秀樹
九條今日子 (Kyoko Kujo)  中原マリ
小林十九二 (コバヤシトクジ)  祖父政春
土紀洋児   父政雄
三上真一郎 (ミカミシンイチロウ)  環克彦
桜むつ子 (サクラムツコ)  母富栄
高野真二 (タカノシンジ)  佐山
俵田裕子   牧村知子
小瀬朗 (オセロウ)  品田
林家珍平 (ハヤシヤチンペイ)  大崎
桑田良太郎 (クワタリョウタロウ)  予備校の教授
遠山文雄 (トオヤマフミオ)  小使
佐々木恒子 (ササキツネコ)  女給文子
水上令子 (ミナカミレイコ)  女社長
今井健太郎 (イマイケンタロウ)  焼鳥屋の親父

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!