映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • キングの報酬

    (原題:Power)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

選挙立候補者と契約しあらゆる効果的な手をつかって候捕者を選挙民に訴えて当選させる男、それがピート・セイントジョン(リチャード・ギア)だった。1カ月で2万5000ドル+必要経費と高価な報酬だが、業界一の評判をとっている。南米某国の大統領選で劣勢の候補者を一気に優勢にして、専用ジェット機でニューヨークのオフィスにもどり秘書のシドニー(ケート・キャプショー)との情事で疲れをいやした。ニュー・メキシコ州の知事選に立候補したウォーレス(フリッツ・ウェーバー)と打ち合わせをし、「政策は……」といいかけるウォーレスに「そんなものは当選してから」と答え、イメージだけを作りあげていく。古くからのクライアントであるオハイオ州選出の上院議員サム(E・G・マーシャル)が、病気を理由に引退すると聞き、彼の太陽熱エネルギー計画に賛成していただけにセイントジョンは残念がる。アラブの首長の息がかかったケード(J・T・ウォルシュ)がその後釜として出馬し、彼をやとった。ケードの後にいる辣腕の黒人ロビイストのビリングス(デンゼル・ワシントン)は、彼を信用せず、電話を盗聴したりする。セイントジョンの別れた妻エレン(ジュリー・クリスティ)は新聞記者をしており、サムの妻クレア(ベアトリス・ストレイト)と会い、彼女からビリングスの罠にはめられて借金地獄に陥り、そのためにサムが引退しなくてはならなくなったことを聞き出した。セイントジョンの先輩ヴィルフレッド(ジーン・ハックマン)は、アル中気味で、雇い主からクビになり、オハイオで出馬した政治に素人の大学教授フィリップ・アーロンズ(マット・サリンジャー)の仕事を引き受けた。よりのもどったクレアから、ビリングスの陰謀を知り、セイントジョンはケードと袂を分かち、アーロンズの前へ現われ、「本当の自分を表現しろ」と勧める。開票の結果、オハイオ州ではアーロンズが予想外の強さを見せて2位にくいこみ、ケードは3位だった。



■解説

当選請負人の野望と挫折を描く。製作はリーン・シスガルとマーク・ターロフ。監督は「評決」のシドニー・ルメット。脚本はデイヴィッド・ヒメルスタイン、撮影はアンジェイ・バートコウィアク、音楽はサイ・コールマンが担当。出演はリチャード・ギア、ジュリー・クリスティほか。

  • 1987年8月29日 より

  • 配給:東宝東和
  • 製作国:アメリカ(1986)

■スタッフ

監督 シドニー・ルメット (Sidney Lumet)
脚本 デイヴィッド・ヒメルスタイン (David Himmelstein)
製作 リーン・シスガル (Reene Schisgal) マーク・ターロフ (Mark Tarlov)
撮影 アンジェイ・バートコウィアク (Andrzej Bartkowiak)
美術 ピーター・ラーキン (Peter Larkin)
音楽 サイ・コールマン (Cy Coleman)
編集 アンドリュー・モンドシェイン (Andrew Mondshein)
字幕 戸田奈津子 (Natsuko Toda)

■キャスト

俳優名 役名
リチャード・ギア (Richard Gere)  Pete_St.John
ジュリー・クリスティ (Julie Christie)  Ellen_Freeman
ジーン・ハックマン (Gene Hackman)  Wilfred_Buckley
ケイト・キャプショー (Kate Capshaw)  Sydney
デンゼル・ワシントン (Denzel Washington)  Arnold_Billings
E・G・マーシャル (E. G. Marshall)  Sam
ベアトリス・ストレイト (Beatrice Straight)  Claire
フリッツ・ウェーバー (Fritz Weaver)  Wallace
J・T・ウォルシュ (J. T. Walsh)  Cade
マット・サリンジャー (Matt Salinger)  Phillip

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!