映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • エンジェル・ダスト

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

現代の東京、衆目の中で若い女性ばかりを狙った通り魔的な連続殺人事件が起こった。事件解決に起用された異常犯罪性格分析官・須磨節子は、被害者に同一化することによって犯人像を明らかにしていく特殊な才能を持っていた。精神的に危険でもある節子を支えるのは、同じ大学の精神医学研究室出身の夫・トモオだった。やがて、事件の鍵を握る容疑者として、新興宗教に走った人間を荒っぽい心理療法によって引き戻すことを仕事にしている、いわゆる逆洗脳士・阿久礼の名が浮かび上がる。トモオと同じく、阿久は節子と同じ研究室に籍を置き、さらにかつて2人は恋人同士でもあった。節子は、その危険すぎるほど孤高な哲学ゆえ、アカデミックな世界から追放され行方不明であった阿久と、捜査官と容疑者という立場で運命的な再会をすることになった。阿久への複雑な思いを抱く節子だったが、その間も事件は相次ぎ、さらにトモオまで殺されてしまう事態となる。トモオはアンドロギュヌス(両性具有)だった。犯行地点を結ぶことでAというイニシャル作りが出来ること、そして犯人が後天性色覚異常であることを推理した節子は、阿久を真犯人と確信し、彼を尋問しようとするが、逆に阿久による高度なマインド・コントロールを受け追い詰められ、研究室に閉じ込められてしまう。だが、そこにやって来て節子を襲ったのは阿久ではなく、彼の患者・ゆうきだった。一連の殺人は、逆洗脳の過程で隠された殺人願望を顕在させてしまったゆうきの犯行だった。危うい所で阿久に助けられた節子。だが呆然と佇む彼女のかたわらで、阿久の表情には時間を凍らせるような微笑があった。



■解説

東京を舞台に、連続殺人事件をめぐる、女性捜査官と、容疑者であり元恋人でもある逆洗脳士の精神的葛藤と戦いを描くサイコ・ラブ・サスペンス。監督は本作が「逆噴射家族」(84)以来10年ぶりの長編劇映画となる石井聰亙。彼と劇団・ブリキの自発団の生田萬の共同脚本、撮影は「J・MOVIE・WARS」“TOKYO BLOOD篇”の笠松則通が担当。

  • 1994年9月23日 より

  • 配給:ユーロスペース
  • 製作国:日本(1994)

■スタッフ

監督 石井岳龍 (Gakuryu Ishii)
脚本 生田萬 (イクタ) 石井岳龍 (Gakuryu Ishii)
製作 神野智 (ジンノサトシ)
プロデューサー 下田淳行 (シモダアツユキ) 堀越謙三 (Kenzou Horikoshi) 泉英次 (イズミ)
撮影 笠松則通 (カサマツノリミチ)
美術 丸尾知行 (マルオトモユキ)
音楽 長嶌寛幸 (ナガシマヒロユキ)
ゾンビーズ
録音 菊池信之 (キクチノブユキ)
照明 水野研一 (ミズノケンイチ)
編集 松尾浩 (マツオヒロシ) 石井岳龍 (Gakuryu Ishii)
助監督 大原盛雄 (オオハラモリオ)
スクリプター 柳沼由加里

■キャスト

俳優名 役名
南果歩 (Minami Kaho)  須磨節子
若松武 (ワカマツタケシ)  阿久礼
豊川悦司 (Etsushi Toyokawa)  トモオ
滝沢涼子 (タキザワリョウコ)  武井ゆうき
塩野谷正幸 (シオノヤマサユキ)  番場二三男
近藤等則 (コンドウトシノリ)  島田孝太郎
ユキオヤマト (ユキオヤマト)  芦田慎二
秋山仁 (アキヤマジン)  左右田教授
田口トモロヲ (Tomorowo Taguchi)  遠藤

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!