映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 娘三羽烏

    (原題:The Adorable Trio)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

雑誌記者の神谷佳代子と遊覧飛行機のスチュアーデス保坂恵美は、同じアパートの一室を借りるほどの大の仲よし、そしてこの二人には、更に自動車の女セールス田島敬子という親友がいた。ところが、このトリオに思わぬことからヒビが入ってしまった。というのは佳代子が、母貞子の切なる願いに一たんは山田誠一との見合を承諾したのだが、仕事の上で知り合ったシナリオ・ライター谷信策のことが忘れがたく恵美に代役を頼んだ。一方、誠一の方も同じ自動車のセールス仲間の敬子に心ひかれていたので、親友の谷に身代りを頼んであった。しかしこんなこととはツユ知らぬ佳代子は、恵美が見合いの相手を好きになったと聞いて祝福してしまったからだ。この二人の仲を心配した敬子が谷の部屋をたずねて見ると、黄色いスカートをはいた美人が谷とむつまじげにしているのを見て二度ビックリしてしまった。これを聞いて喜んだのは恵美を愛していた、パイロットの多田健太郎。早速、真相調査に出かけると、谷のただ一人の妹の道子だと分って悄然としてしまった。淋しく去って行く健太郎の姿にその愛情の深さを知って「結婚してもいいわ」と恵美はやさしくほほえんだ。一方敬子も誠一の求婚を受け入れて、ここに、めでたく二組のカップルが出来上った。しかし、佳代子の恋は仲々進行せず、一人アパートでトランプ占をしていたが、「貴方が結婚しなければ私たちもしないわ」という二人の言葉にはげまされ、はるばる京都へ谷をたずねて行った。数日後、健太郎の操縦する遊覧機で八丈島へ新婚旅行に飛立った二人に、佳代子から求婚成功の電報が入った。喜びにかがやく四人の瞳に、雲の切れ目から八丈島が見えて来た。



■解説

「逃げだした縁談」の共同脚本執筆者の一人、斎藤良輔と「漫才学校 第三部 ゴリラ大暴れ」の中山隆三の共同脚本を「逃げだした縁談」の穂積利昌が監督、「海人舟より 禁男の砂」の小原治夫が撮影した大船得意の三羽烏もの。主演は「淑女夜河を渡る」の大木実、「お富と切られ与三郎」の瑳峨三智子、「花くれないに」の杉田弘子、小山明子、「侍ニッポン」の田村高廣、「花嫁のおのろけ」につづいての岡田茉莉子、「黒い河」の有馬稲子。色彩はイーストマン松竹カラー。

  • 1957年12月28日 より

  • 製作国:日本(1957)

■スタッフ

監督 穂積利昌 (ホヅミトシマサ)
脚本 斎藤良輔 (サイトウリョウスケ) 中山隆三 (ナカヤマリュウゾウ)
製作 深沢猛
撮影 小原治夫 (オバラハルオ)
美術 熊谷正雄 (クマガイマサオ)
音楽 万城目正 (マンジョウメタダシ)
録音 小尾幸魚 (オビサチオ)
照明 高下享三
編集 斎藤正夫 (サイトウマサオ)

■キャスト

俳優名 役名
大木実 (オオキミノル)  谷信策
瑳峨三智子 (サガミチコ)  神谷佳代子
沢村貞子 (サワムラサダコ)  母貞子
杉田弘子 (スギタヒロコ)  田島敬子
幾野道子 (イクノミチコ)  姉和子
小山明子 (Koyama Akiko)  保坂恵美
田村高廣 (Takahiro Tamura)  山田誠一
渡辺篤 (ワタナベアツシ)  父誠忠
田浦正巳 (タウラマサミ)  多田健太郎
佐竹明夫 (サタケアキオ)  佐伯
岡田茉莉子 (Mariko Okada)  佐伯道子
福岡正剛 (フクオカセイゴウ)  秋山三平
関千恵子 (セキチエコ)  古川玉子
永井達郎 (ナガイタツオ)  峰晴吉
有馬稲子 (Ineko Arima)  相原千代

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!