映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 母と子の窓

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

東京の片隅にある貧しい母子寮に勤務する保母の里村圭子と学童指導員井関壮吉は、ともに母一人子一人の生活。互いの寂しさから思いを寄せ合っていた。がある日、親孝行で評判の秀治少年がPTAの有力者前川夫人の子の紛失金を拾ったことから盗人扱いされ壮吉がその責任を問われた。そのとき女教師の宗方繁子は独り正論を吐き秀治を弁護した。壮吉は繁子の凛々しさに感激、これが動機で彼は母子寮を止め繁子と同じ学校に転校した。失意の圭子を福祉施設に関心を持つ富豪の息子真木陽一が現われ慰めるようになった。陽一には婚約者宮脇由利がいたが、有閑令嬢の由利とは対照的な圭子に、陽一は心を洗われるような気がした。彼は由利から離れ、両親を説得して正式に圭子の母に結婚を申込んだ。そのころ母子寮では、また一つの事件が起った。勤務先の課長塩沢との不倫の関係に悩んでいた未亡人瀬川夏江が服毒自殺をしたのである。沈痛な表情が居並ぶ母子寮のお通夜−−夏江が遺した一人娘美知子の髪をなでながら、圭子は更めて母子寮の仕事の重大さを覚った。一方繁子の小学校に移った壮吉は、学芸会の演しもののことで余りに左翼的な繁子の言葉と衝突、貧しいながら汚れを知らぬ母子寮の子供たちの世界を懐しく考えていた。そして他方では、陽一の求婚に戸惑う圭子が、やはり心の隔りを感じ、貧しい母子寮の窓の灯となるのが自分の幸せと感じ、遂に結婚を断ってしまった。母子寮へ帰った圭子は無心の子どもたちに迎えられた。傍らの木蔭には複雑な表情の壮吉が圭子を見守っていた。



■解説

読売新聞連載の竹田敏彦の同名小説の映画化。母子寮をテーマにした社会ドラマ。「近くて遠きは」のコンビ、猪俣勝人が脚色、番匠義彰が監督した。撮影は「炎の氷河」の西川亨。主演は、「暴力の波止場」の杉田弘子、水戸光子、「体の中を風が吹く」の田村高廣、「東京暮色」の高橋貞二、「情痴の中の処女 天使の時間」の渡辺文雄、「近くて遠きは」の中川弘子、小林トシ子、ほかに山形勲、沢村貞子、設楽幸嗣、新人の川口のぶなど。

  • 1957年5月28日 より

  • 製作国:日本(1957)

■スタッフ

監督 番匠義彰 (バンショウヨシアキ)
脚色 猪俣勝人 (イノマタカツヒト)
原作 竹田敏彦 (タケダトシヒコ)
企画 小倉武志 (オグラタケシ)
撮影 西川亨
美術 平高主計
音楽 牧野由多可 (マキノユタカ)
録音 青田庄太郎
照明 磯野春雄 (イソノハルオ)
編集 大沢しづ (オオサワシヅ)

■キャスト

俳優名 役名
杉田弘子 (スギタヒロコ)  里村圭子
田村高廣 (Takahiro Tamura)  井関壮吉
高橋貞二 (タカハシテイジ)  真木陽一
小林トシ子 (コバヤシトシコ)  宗方繁子
中川弘子 (ナカガワヒロコ)  宮脇由利
渡辺文雄 (ワタナベフミオ)  小石三郎
水戸光子 (ミトミツコ)  瀬川夏江
山形勲 (ヤマガタイサオ)  塩沢幾太郎
沢村貞子 (サワムラサダコ)  里村糸子
吉川満子 (ヨシカワミツコ)  井関ひろ
北竜二 (Ryuji Kita)  真木周平
本橋和子 (モトハシカズコ)  真木曽乃
川口のぶ (カワグチノブ)  真木則子
水上令子 (ミナカミレイコ)  松宮俊子
浅茅しのぶ (アサジシノブ)  尾崎節子
設楽幸嗣 (シタラコウジ)  尾崎秀治
植木マリ子 (ウエキマリコ)  尾崎登美子
二木てるみ (ニキテルミ)  瀬川美知子
野辺かほる (ノベカオル)  木谷トヨ
草香田鶴子 (クサカタヅコ)  下館久子
須賀不二男 (スガフジオ須賀不二夫)  和田寮長
高橋とよ (Toyo Takahashi)  前川夫人
春日千里 (カスガチサト)  丸山夫人
大杉莞児 (オオスギカンジ)  吃りの労働者
竹田法一   教頭
高木信夫 (タカギノブオ)  宗方松雄
稲川善一 (イナガワ)  清沢弁護士
三田玲子 (ミタレイコ)  旅館の女中
新島勉   製粉会社部長
佐原康 (サハラヤスシ)  製粉会社用度課員
松野日出夫 (マツノヒデオ)  工業クラブボーイ
太田博之 (オオタヒロユキ)  塩沢保
藤本満州男 (フジモトマスオ)  前川良一
渡辺和夫 (ワタナベカズオ)  清沢泰雄

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!