映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 情痴の中の処女 天使の時間

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

婦人雑誌記者の中原久美子は旧友の笈川冴子の案内で喫茶店「G」に行き、戦後派男女の奔放な生態をみて驚く。翌日の編集会議では若い世代の恋愛を特集することに決り、評論家松井に執筆を依頼した。その頃冴子は貧乏画家津島との結婚生活に飽き金持の関根の世話を受ける。津島の友人で設計技師をしている大貫に呼び出された久美子は、初めて会った彼がかねて両親から見合いをすすめられている相手だと知った。久美子と同僚の記者勝田は大貫の存在を知ると、久美子へ積極的に愛情を示し始めた。一方、冴子は奔放な生活を続けていたが、愛に狂った先夫津島に顔面を傷つけられる。しかし彼女は、見舞にきた久美子や大貫の前で、これでさっぱりしたとうそぶくのだった。社用で大阪へ行った久美子は、母の法事にことよせて迫ってきた勝田の情熱の前にくずれそうになったが津島が自殺したとのしらせに急いで帰京する。編集部では久美子の反対を押して冴子に原稿を書かせることになった。自分も売り出さなくては、関根には新しい恋人ができたのだからという冴子。そしてその女を関根に引合わせたのは久美子の父であり、彼にも綾子という愛人が居ることを教える。大きなショックを受けた久美子は、父が後援している託児所で、そこに働く真面目な青年長谷部と子供の相手をしていると自然に心が洗われるのだった。彼女は会社をやめる決心をし、一時は長谷部と共に託児所で働こうかとも考えたが、彼女の胸には更に深く大貫の面影が宿っていた……。



■解説

地方三紙に連載された高見順原作の映画化。清純な心をもった苦い婦人記者の生きて行く姿を、戦後派の男女やロマンスグレーなど、多彩な登場人物と尖端的風俗の交錯の中に描く異色作。「正義派」の斎藤良輔が脚色し、「晴れた日に」の大庭秀雄が監督する。撮影は「正義派」の長岡博之、主な出演者は、「花は嘆かず(1957)」の小山明子と菅佐原英一、「「朝雲暮雲」より 野武士と女」の高橋貞二、「男の牙」の田村高廣、ほかに佐野周二、渡辺文雄、川崎弘子、十朱久雄など。

  • 1957年4月9日 より

  • 製作国:日本(1957)

■スタッフ

監督 大庭秀雄 (オオバヒデオ)
脚色 斎藤良輔 (サイトウリョウスケ)
原作 高見順 (タカミジュン)
企画 桑田良太郎 (クワタリョウタロウ)
撮影 長岡博之 (ナガオカヒロユキ)
美術 浜田辰雄 (ハマダタツオ)
音楽 池田一義 (イケダカズヨシ)
録音 栗田周十郎 (クリタシュウジュウロウ)
照明 小泉喜代司 (コイズミキヨシ)
編集 杉原よし (スギハラヨシ)

■キャスト

俳優名 役名
佐野周二 (サノシュウジ)  中原鍋吉
川崎弘子 (カワサキヒロコ)  妻やす子
小山明子 (Koyama Akiko)  娘久美子
高橋貞二 (タカハシテイジ)  勝田記者
菅佐原英一 (スガサワラエイイチ)  大貫鋼治
田村高廣 (Takahiro Tamura)  長谷部楠雄
渡辺文雄 (ワタナベフミオ)  津島克己
富士環 (フジタマキ)  笈川冴子
十朱久雄 (Hisao Toake)  関根
幾野道子 (イクノミチコ)  綾子
佐竹明夫 (サタケアキオ)  松井久俊
明石潮 (アカシウシオ)  津島の父
伊沢一郎 (イザワイチロウ伊澤一郎)  編集長
陳俊辰   大阪へ行く子供

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!