映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 「動物園物語」より 象

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

B29による東京空襲が次第に激化してきた或る日、集団疎開で信州へ行くことになった谷中小学校の生徒が、宮沢先生に引率されて象のトンキーにお別れを言いに来た。しかし上野動物園では餌の不足と空襲時における動物の処置に窮し、猛獣を毒殺することが決定した。トンキー係の善さんにはとてもできないこと。飼育課長の東に頼んだが、仙台の動物園に送るという案も実現しなかった。利口なトンキーは毒の入った食物をうけつけないので絶食方法をとった。トンキーの悲しそうな眼をみて、善さんは悪いとは知りつつ自分の家から芋をもち出して与える。しかしその甲斐もなく憲兵に射殺されてしまった。善さんは名古屋動物園の象係が、象を殺すなら自分も殺してくれと言っていることを聞き、今更に自分の弱さを感じる。瞼になつかしいトンキーの顔が浮んでくる。しかしそれも空襲のサイレンにかき消されてしまう。帝都大空襲の最初の日、昭和二十年一月二五日であった。



■解説

「憎いもの」に続く東宝ダイヤモンドシリーズの第五弾。戦争中上野動物園長代理だった原作者福田三郎の実話『動物園物語』より、動物達が戦争の為にいかに不幸な惨禍を蒙ったかを世に訴える感動篇。かって名作「馬」を発表した山本嘉次郎が自ら脚色し監督する。撮影は「この二人に幸あれ」の小泉一。主な出演者は「とんちんかん 八百八町」の榎本健一、「続御用聞き物語」の小林桂樹、「忘却の花びら」の安西郷子、ほかに本間文子、堺左千夫、堤真佐子、河内桃子、小杉義男など。

  • 1957年4月9日 より

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(1957)

■スタッフ

監督 山本嘉次郎 (Kajiro Yamamoto)
脚色 山本嘉次郎 (Kajiro Yamamoto)
原作 福田三郎 (フクダサブロウ)
製作 宇佐美仁 (ウサミ)
撮影 小泉一
美術 北辰雄 (キタタツオ)
音楽 渡辺浦人 (ワタナベウラト)
録音 渡会伸 (ワタライシン)
照明 横井総一 (ヨコイソウイチ)

■キャスト

俳優名 役名
生方壮児   戸田動物園長
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)  東飼育課長
榎本健一 (エノモトケンイチ)  善さん(象係)
本間文子 (Noriko Honma)  てつ(善さんの女房)
堺左千夫 (サカイサチオ)  田村(ライオン係)
岡豊 (オカユタカ)  高橋(豹係)
瀬良明 (セラアキラ)  伊藤(小鳥係)
津田光男 (ツダミツオ)  井上(ラクダ係)
小杉義男 (コスギヨシオ)  杉浦(門衛)
中丸忠雄 (ナカマルタダオ)  成田(軍曹)
安西郷子 (アンザイキョウコ)  宮沢先生
堤眞佐子 (ツツミマサコ)  佐山の奥さん(工場主)
河内桃子 (コウチモモコ)  美子(学徒動員)
森啓子 (モリケイコ)  久子(学徒動員)
榊田敬二 (サカキダケイジ)  郵便配達
草間璋夫 (クサマアキオ)  上野警察署長
安芸津広 (アキツヒロシ)  熟練工の老人
岡部正 (オカベタダシ)  新聞記者鶴見
山本廉 (ヤマモトレン)  新聞記者金山
福田和郎   補助憲兵
笈川武夫 (オイカワタケオ)  仙台動物園長

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!