映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ここは静かなり

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

神戸港を見下す高台にある楠ケ丘高校。音楽教師の千田杉子は若くて美人、生徒の人気が凄い。特に門馬元一がリーダー格のコーラス部男女生徒は、彼女の薫陶で周囲から嫉妬混りに批判される。最近赴任して来た数学教師沼田運吉も坊ちゃん気質の抜けぬまま強引に彼女に近づこうとするがいつも体よく逃げられる。沼田赴任の日、職員会議で、門馬が高校生でありながら妻を持っているという噂が問題になる。うるさ型熊井女史の非難から門馬家を訪れた杉子は噂が本当であると知る。食堂を営む彼の家は祖父元助と二人きり、元一より二つ年上の妻ミヱはなくてはならぬ存在である。杉子は門馬を責める気がせず、校長と相談して事を穏便に運ぶが、その折、若い歯科医武田と知合い、親しく交際し出す。杉子の寄寓している友人階堂優子の婿養子舜二郎は武田と中学時代の友人。だが結婚生活のうまく行かぬ優子は京都の鼓の師匠塩谷と親密、舜二郎も新興宗教に凝る義母と共に、ウラン鉱山に私財を賭けていた。病気で休みがちの杉子を、門馬らは心から慰める。楠ケ丘高校は東京での全国高校コーラス・コンクールに優勝、だが将来を約束し合うコーラス部の赤部晴介と神崎コヅヱは、受験する学校を見に行った際、上野で不良学生と喧嘩。負傷、入院したコヅヱを見舞うその母親は、武田は以前結婚して妻を亡くしたが、その妹昭子が彼を好いてるから油断するなと杉子に告げる。東京での事件を知った熊井女史は校長に談じ込み、早速緊急PTA理事会。加えて舜二郎は山で失敗、優子とも別れようとしており、邸も人手に渡る。だが理事会で杉子を難詰する熊井女史にも、杉子の反駁や女史の親戚に当る沼田の弁護で形勢一転、赤部やコヅヱの母親達も意気投合し、事は穏便に済むことになる。杉子は沼田の心情にふれ、彼と結婚を約束。門馬と妻ミヱのすすめで、その家へ引移ることになった。



■解説

高校を舞台にして描く青春映画。“読売新聞”連載の白川渥の原作から「朱と緑」の椎名利夫と「花嫁募集中」についで監督に当る野村芳太郎が脚色。撮影は「花嫁募集中」の井上晴二。主な出演者は「朱と緑」の有馬稲子、「三羽烏再会す」の大木実、渡辺文雄、「オーケストラの姉妹」の菅佐原英一、「忘れえぬ慕情 Printemps_a_Nagasaki」の野添ひとみ、「涙」の杉田弘子、「君は花の如く」の田浦正巳、「阪妻追善記念映画 京洛五人男」の小山明子、「恐妻一代」の中川弘子、「この世の花 完結篇」の佐竹明夫、その他、清川新吾、日守新一、浦辺粂子、吉川満子、東山千栄子、明石潮など。

  • 1956年11月7日 より

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(1956)

■スタッフ

監督 野村芳太郎 (Yoshitaro Nomura)
脚色 椎名利夫 (シイナトシオ) 野村芳太郎 (Yoshitaro Nomura)
原作 白川渥
企画 保住一之助 (ホズミイチノスケ)
撮影 井上晴二 (イノウエハルジ)
美術 熊谷正雄 (クマガイマサオ)
音楽 木下忠司 (キノシタタダシ)
録音 栗田周十郎 (クリタシュウジュウロウ)
照明 小泉喜代司 (コイズミキヨシ)

■キャスト

俳優名 役名
有馬稲子 (Ineko Arima)  千田杉子
渡辺文雄 (ワタナベフミオ)  武田(歯科医)
小山明子 (Koyama Akiko)  武田昭子(歯科医の義妹)
大木実 (オオキミノル)  沼田運吉(数学教師)
浦辺粂子 (ウラベクメコ)  沼田の母
田浦正巳 (タウラマサミ)  門馬元一(生徒)
中川弘子 (ナカガワヒロコ)  門馬ミヱ
清川新吾 (キヨカワシンゴ)  赤部晴介(生徒)
野辺かほる (ノベカオル)  赤部の母
野添ひとみ (ノゾエヒトミ)  神崎コヅヱ(生徒)
東山千栄子 (ヒガシヤマチエコ)  神崎の母
森道子 (モリミチコ)  山田和子(生徒)
中山大介 (ナカヤマダイスケ)  富田(生徒)
杉田弘子 (スギタヒロコ)  階堂優子
菅佐原英一 (スガサワラエイイチ)  階堂舜二郎
市川恵美 (イチカワエミ)  階堂月子
吉川満子 (ヨシカワミツコ)  階堂の母
佐竹明夫 (サタケアキオ)  塩屋一作(鼓の師匠)
文野朋子 (フミノトモコ)  熊井女史(教師)
明石潮 (アカシウシオ)  校長

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!