映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 東京チャキチャキ娘

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

東京チャキチャキ娘の茶木千秋は、父万吉、母かおりと三人で東京郊外の住宅地に住んでいる。近所で叔父千吉がフェンシング・クラブをやっているが弟子は千秋ただ一人。一方、千吉の細君花子が経営するアクセサリー店ヴィクトリアは大繁昌。千吉の娘幸江からクラブのピンチを聞いた千秋は、早速、高校の友達藤原百合子、柿内桃代や寿司屋の若旦那トロ吉、クリーニング屋のデン吉、消防夫のカン太郎らを弟子入りさせ、千吉を救う。だが千秋がトロ吉達に稽古をつけている処を覗いた歯科医の鈴木五郎はつい吹き出し、怒った千秋は彼と立ち合うが簡単にやられてしまう。数日後、千秋は歯医者の手当をうけたが、それが何と鈴木五郎。千秋は以来、彼に好意を持つようになるがトロ吉達は面白くない。この頃、オシドリ夫婦といわれる千秋の両親が喧嘩した。万吉が死んだ友人の娘静子を花子の店に世話したのが原因。千秋は一策を案じ静子に恋人と家の前を歩いてくれと頼んだが、静子と連れ立ったのは五郎であった。かおりの誤解はとけるが千秋のヒステリーに静子は身を退こうと決意、だが静子の心根に打たれた千秋は彼女を励ます。千秋は静子が五郎と新婚旅行に発つのを見届けてから、道場破りに来た大阪チャキチャキ娘と猛烈な試合をくりひろげた。



■解説

“週刊東京”連載の杉浦幸雄の漫画を、三木鮎郎が放送台本に書き直した作品の映画化で現代娘気質を軽快なタッチで描く大船得意の明朗篇。脚色は「漫才学校 爆笑八人組」の中山隆三。「楽天夫人」の番匠義彰が監督、同じく生方敏夫が撮影を担当した。主な出演者は「奥様は大学生」の中村メイコ、「続・この世の花 第8部」の川喜多雄二、「茶の間の時計 愛情の波紋」の藤乃高子、「お母さんの黒板」の古賀さと子、その他日守新一、沢村貞子、永井達郎、水上令子など。

  • 1956年8月14日 より

  • 製作国:日本(1956)

■スタッフ

監督 番匠義彰 (バンショウヨシアキ)
脚色 中山隆三 (ナカヤマリュウゾウ)
原作 杉浦幸雄 三木鮎郎 (ミキアユロウ)
製作 長島豊次郎 (ナガシマトヨジロウ)
撮影 生方敏夫 (ウブカタトシオ)
美術 木村芳男 (キムラヨシオ)
音楽 神津善行 (コウヅヨシユキ)
録音 大村三郎 (オオムラサブロウ)
照明 豊島良三

■キャスト

俳優名 役名
日守新一 (ヒモリシンイチ)  茶木万吉
沢村貞子 (サワムラサダコ)  妻かおり
中村メイコ (Meiko_Nakamura)  娘千秋
永井達郎 (ナガイタツオ)  茶木千吉
水上令子 (ミナカミレイコ)  妻花子
古賀さと子 (コガサトコ)  娘幸枝
藤乃高子 (フジノタカコ)  神山静子
川喜多雄二 (Yuji Kawakita)  鈴木五郎
山名義夫 (ヤマナヨシオ)  弟六郎
福岡正剛 (フクオカセイゴウ)  宮古トロ吉
長谷部朋香 (ハセベトモカ)  渋谷デン吉
末永功 (スエナガイサオ)  火野カン太郎
泉京子 (イズミキョウコ)  藤原百合子
千村洋子   柿内桃代
中村メイコ (Meiko_Nakamura)  大阪チャキチャキ娘

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!