映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 青い果実(1955)

    (原題:Young Love Coquers All)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ここは海岸の一都市。早川と海田がリーダーになっている「朝がゆ会」が、毎朝欠かさず町はずれの温泉旅館まで駈足をするのは、菊水荘の女中頭お菊さんから温泉とおかゆのサービスを受けることと、もう一つ、金満家の娘美也子の窓の下を通るのが楽しみだったからである。はじめ「朝がゆ会」に声援をおくっていた越後屋呉服店の娘初恵や泉屋雑貨店の娘千枝子たちも、「朝がゆ会」の目的がどうやら美也子にあるらしいと判って絶交を宣言した。美也子には東京の大学にいたころからの知合いで、今は市の病院にインターンで来ている田村次郎という意中の人があるが、田村は働かざる者は食うべからずという主義で、富豪令嬢など見向きもしない。そこで発憤した美也子は、市の保育園に保姆として働くことになった。そのころ、偶然千枝子と美也子が逢い、「朝がゆ会」の話が出たのがキッカケで、一つの計画が若い女たちの間で進められた。美也子の誕生日当日「朝がゆ会」の青年たちは、パーティに招待されて夢かと喜んだ。が、現われたのは十数人の仮面をつけた美也子−−初恵や千枝子たちだった。早川は初恵を、海田は千枝子を抱いて踊りながら、彼女らに愛の言葉を囁くのだった。一方、美也子の保育園づとめなど長続きしないと多寡をくくっていた田村も、彼女の情熱に次第にうたれ、その気持はやがて愛に変っていった。つぶれかかっていた保育園も、美也子の情熱に負けた父運平氏や越後屋、泉屋の頑固親父連の援助と、青年男女の協力で見ちがえるように立派になった。



■解説

キング連載の源氏鶏太の小説を「石松故郷へ帰る」の笠原良三が脚色、「帰って来た若旦那」の青柳信雄が監督、撮影は芦田勇が担当した。主なる出演者は「朝霧(1955)」の岡田茉莉子、「姿なき目撃者」の小泉博、「だんまり又平 飛龍無双」の三浦光子、「やがて青空」の太刀川洋一、小林桂樹など。

  • 1955年11月29日 より

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(1955)

■スタッフ

監督 青柳信雄 (アオヤギノブオ)
脚色 笠原良三 (カサハラリョウゾウ)
原作 源氏鶏太 (ゲンジケイタ)
製作 藤本真澄 (Sanezumi Fujimoto)
撮影 芦田勇 (アシダイサム)
美術 北辰雄 (キタタツオ)
音楽 服部良一 (ハットリリョウイチ)
録音 西川善男 (ニシカワヨシオ)
照明 西川鶴三
編集 岩下廣一 (Koichi Iwashita)
製作担当者 板谷良一 (イタヤリョウイチ)
助監督 岩城英二 (イワキエイジ)
記録 田口靖子
スチール 田中一清 (タナカカズキヨ)

■キャスト

俳優名 役名
岡田茉莉子 (Mariko Okada)  宝井美也子
小川虎之助 (オガワトラノスケ)  父運平
小泉博 (コイズミヒロシ)  田村次郎
一の宮あつ子 (イチノミヤアツコ)  母ツネ
三浦光子 (Mitsuko Miura)  菊子
柳家金語楼 (ヤナギヤキンゴロウ)  越後屋
森啓子 (モリケイコ)  娘初恵
中村是好 (ナカムラゼコウ)  泉屋
河内桃子 (コウチモモコ)  娘千枝子
見明凡太朗 (Bontaro Miake)  柳井博士
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)  若山
太刀川寛 (Hiroshi Tachikawa)  早川
宝田明 (Akira Takarada)  海田
堤康久 (ツツミヤスヒサ)  浜口
岡部正 (オカベタダシ)  木下
鈴木孝次 (スズキコウジ)  富田
渋谷英男 (シブヤヒデオ)  山田
北野八代子 (キタノヤヨコ)  悦子
宮田芳子 (ミヤタヨシコ)  きん子
二條雅子 (ニジョウマサコ)  房代
豊島美智子   正子
花房一美 (ハナブサカズミ)  道子
馬野都留子 (マノツルコ)  お峰
瀬良明 (セラアキラ)  園長
三田照子 (ミタテルコ)  園長の妻

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!