映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • あこがれ(1955)

    (原題:Youth)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

東京は下町の、とある商店街。足の不自由な小山寿夫の印鑑店、次がすこし不良なマダムのいる美容院“ホープ”、その隣がパン屋兼喫茶店の“ブルドッグ”で経営者は闇成金のジョージ金山だが、身持のよくない北村が責任者格、バーテンダーは真面目な真木、販売係は疋田、ウェイトレスはおしゃまなトンちゃんという顔ぶれ、その先が榎本ラジオ店で光二という息子がいる。“ブルドッグ”の筋むかいのそば屋には大学生の一次郎と妹雪子がいる。新しく“ブルドッグ”に雇われた、どこか暗いかげのある矢田明子に真木は心を惹かれた。印鑑店の寿夫は真木と親友だ。学生時代自動車にはねられてから頑なになっていた彼の心に明るい灯をともしたのは、このごろ店先の停留所で毎朝バスを待つ美しい女性だった。明子がPXの横流しで刑務所に送られた父なきあと、弟三人を養っていると聞いて、真木には一層いとおしく思えてならない。二人の仲を嫉妬した北村は真木を窃盗の汚名で解雇させた。その頃、父の保釈金のため、明子は心ならずもある財産家との結婚を決心した。やがて、バスの女性も嫁にいって、寿夫の片恋も悲しく終った。ある日、明子は北村のために重傷を負うが、うわ言に真木の名を呼びつづけて死んだ。校庭で真木を寿夫が慰めた。ようやく涙を拭った真木と、生きることの尊さを改めて知った寿夫の耳に、なつかしい小学唱歌が流れてきた。青春は美しいゆえに傷つきがちだが、みんな苦しくとも生きなければならないのだ。より明るく美しい明日にあこがれと夢を抱いて……。



■解説

或る商店街に働く若い男女の中に起った一つの悲劇を中心に青年達の夢と恋と友情を描く。「獅子丸一平」の松山善三の脚本を「修禅寺物語」の中村登が監督、「かりそめの唇」の生方敏夫が撮影を担当した。主なる出演者は「お勝手の花嫁」の田村高廣、「おんな大学」の野村浩三、「花ひらく(1955)」の田浦正巳、野添ひとみ、「遠い雲」の中川弘子など。

  • 1955年10月18日 より

  • 製作国:日本(1955)

■スタッフ

監督 中村登 (Noboru Nakamura)
脚本 松山善三 (マツヤマゼンゾウ)
製作 山口松三郎 (ヤマグチマツサブロウ)
撮影 生方敏夫 (ウブカタトシオ)
美術 熊谷正雄 (クマガイマサオ)
音楽 黛敏郎 (Toshiro Mayuzumi)
録音 吉田庄太郎 (ヨシダショウタロウ)
照明 田村晃雄 (タムラアキオ)

■キャスト

俳優名 役名
斎藤達雄 (Tatsuo Saitou)  ジョージ金山金之助
野村浩三 (ノムラコウゾウ)  北村宏
田浦正巳 (タウラマサミ)  真木一夫
田村保   疋由健三郎
中川弘子 (ナカガワヒロコ)  高羽富子
野添ひとみ (ノゾエヒトミ)  矢田明子
内田良平 (ウチダリョウヘイ)  野口
北林谷栄 (Tanie Kitabayashi)  失田明子の母
清川新吾 (キヨカワシンゴ)  榎本光二
田村高廣 (Takahiro Tamura)  清水一次郎
小山明子 (Koyama Akiko)  清水雪子
日守新一 (ヒモリシンイチ)  清水一次郎の父
高橋とよ (Toyo Takahashi)  清水一次郎の母
石浜朗 (イシハマアキラ)  小山寿夫
織田政雄 (オダマサオ)  小山寿夫の父
浦辺粂子 (ウラベクメコ)  小山寿夫の母
山鳩くるみ (ヤマバトクルミ)  三嵩桂子
沢村貞子 (サワムラサダコ)  三嵩桂子の母
桜むつ子 (サクラムツコ)  美容院のマダム

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!