映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 綱渡り見世物侍

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

力太郎とお小夜のコンビによる手裏剣投げの妙技は江戸中の人気を沸かしていた。二人は恋仲でもあった。ある日、力太郎は浅草でゴロツキ浪人に取巻かれている美人スリのお蝶を助けたが、以来浪人共は彼につきまとう様になった。同じ日に、一人の老武士に呼びとめられ「若殿」扱いをされたので、力太郎は驚いて逃げて来た。この老武士は奥州二本松藩の江戸家老加島文太夫で、かねて失踪中の嫡子鉄之丞の行方をさがし求めていた。そしてこれを機会に妾腹の菊丸を擁立する一派も鉄之丞を追っていたが、力太郎を狙う浪人共がそれだった。というのは力太郎が鉄之丞と瓜二つなのであった。そして翌日、力太郎は文太夫につかまってしまった。事実を知った文太夫は窮余の一策で、力太郎をそのまま身代りに仕立てて二本松城へ送ろうとした。扨、本物の若殿鉄之丞は江戸の一角にかくれ住んで薬学を学んでいたが、ふとしたことで阿蘭陀座の楽屋に入りこみ、介抱したお小夜はそれを力太郎と信じて疑わなかった。斯くして鉄之丞と力太郎の位置が完全に逆になってしまった。だがそれを見破った陰謀派は、それを利用して一挙に鉄之丞を倒さんとしたが、それを察して巧みに二人が入れ違ったため、逆に陰謀が明るみに出されてしまった。そして今は、鉄之丞と信乃も再会し力太郎とお小夜も久し振りで相抱くことができた。ただ大活躍をしたお蝶だけは、お小夜と仲の良い力太郎を淋しく諦めるのだった。



■解説

「小説の泉」所載の陣出達朗の小説『道化獅子』より「花の二十八人衆」の賀集院太郎が脚色、「次男坊判官」の加戸敏が監督、「七つの顔の銀次」の竹村康和が撮影を担当する。主なる出演者は「踊り子行状記」の市川雷蔵、「美女決闘」の水原真知子、「銭形平次捕物控 どくろ駕籠」の阿井美千子など。

  • 1955年9月6日 より

  • 製作国:日本(1955)

■スタッフ

監督 加戸敏 (カトビン)
脚色 賀集院太郎
原作 陣出達朗
企画 高桑義生 (タカクワヨシオ)
製作 酒井箴
撮影 竹村康和 (タケムラヤスカズ)
美術 太田誠一 (オオタセイイチ)
音楽 高橋半 (タカハシナカバ)
録音 大角正夫 (オオスミマサオ)
照明 岡本健一 (Kenichi Okamoto)

■キャスト

俳優名 役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)  力太郎
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)  丹羽鉄之丞
水原真知子 (ミズハラマチコ)  お小夜
阿井美千子 (アイミチコ)  お蝶
峰幸子 (ミネサチコ)  信乃
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)  座頭蘭々斎天花
益田喜頓 (マスダキイトン)  市助
杉山昌三九 (スギヤマショウサク)  江口源十郎
香川良介 (カガワリョウスケ)  和田外記
荒木忍 (アラキシノブ)  折井玄庵
大邦一公 (オオクニイッコウ)  広瀬主膳
坂本武 (サカモトタケシ)  加島文太夫
光岡龍三郎 (ミツオカリュウザブロウ)  谷甚左衛門
上田寛 (ウエダヒロシ)  三吉
東良之助 (アズマリョウノスケ)  了斎
南部彰三 (ナンブショウゾウ)  丹羽左京太夫
石原須磨男 (イシハラスマオ)  加兵衛
高倉一郎 (タカクライチロウ)  広瀬数馬
西岡タツオ (ニシオカタツオ)  丹羽菊丸
上田寵児   隼の幻助
堀北幸夫 (ホリキタユキオ)  関川玄蕃
清水明 (シミズアキラ)  浪路
野菊昌代土   薬種問屋の番頭
大崎四郎 (オオサキシロウ)  庄屋彦右衛門
大国八郎 (オオクニハチロウ)  半次
安田祥郎 (ヤスダサチオ)  若党
郷登志彦 (ゴウトシヒコ)  若侍島村大二郎
戸村昌子 (トムラマサコ)  腰元浪路
小林加奈枝 (コバヤシカナエ)  茶店の婆さん

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!