映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • かんかん虫は唄う

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ヨコハマの波止場で、汽船の錆落しを仕事するカンカン虫たちの中に、トムと呼ばれる少年清水富彦がいた。折しも、彼が仕事をする笹戸丸の船上では、一騒ぎが持上った。石炭成金高瀬商会の槙子夫人の腕環が扮失したと云い掛りをつけられて、愛生園の岡田先生が拘引されたのである。トムは、目撃者として、無実の岡田先生を救うべく立ち上った。トムの母桐枝の病は重く、枕辺に彼を呼び寄せ、今まで知らせなかったが、トムたちの父は休暇で今横浜に滞在する駐英大使千坂仙之助であると告げた。トムは単身ホテルに彼を訪ねたが、何故か母に会ってくれと云えず、反って千坂が高瀬の新事業の有力な後援者であると知って、高瀬との関係を断ってくれと頼んだ。しかしトムは、高瀬の金にあかしての策略のため相手にされず、遂に警察の手に引渡されたが、留置場を脱出してお光の家に身を潜めた。漸く腕環問題を悟った刑事は高瀬邸を訪れたが、激怒する高瀬に逆に詰め寄られた。ところがその時、親に似ぬ清純な高瀬の娘奈都子が、腕環を父の部屋で見たと重大な証言をした。高瀬は俄然本性を現わし、ピストルを擬して刑事に迫った。その時、トムたちも邸内に飛び込んで来て大乱闘となったが、遂にトムたちが勝った。岡田先生は自由の身となった。晴れた空の下、また元気にハンマーを握るトムは、今は亡き母から臨終の際に渡された父子のあかしである腕環も海中に投げ捨てた。



■解説

吉川英治の小説を「踊り子行状記」の犬塚稔が吉田哲郎と共同で脚色、「月を斬る影法師」の三隅研次が監督する。撮影は「七つの顔の銀次」の竹村康和、音楽は「踊り子行状記」の大久保徳二郎の担当。主演者は「踊り子行状記」の勝新太郎、「講道館四天王」の峰幸子、「藤十郎の恋」の三田登喜子、橘公子、「銭形平次捕物控 どくろ駕籠」の入江たか子などである。

  • 1955年8月31日 より

  • 製作国:日本(1955)

■スタッフ

監督 三隅研次 (Kenji Misumi)
脚本 犬塚稔 (Minoru Inuzuka) 吉田哲郎 (ヨシダテツオ)
原作 吉川英治 (ヨシカワエイジ)
企画 浅井昭三郎 (アサイショウザブロウ)
製作 酒井箴
撮影 竹村康和 (タケムラヤスカズ)
美術 太田誠一 (オオタセイイチ)
音楽 大久保徳二郎 (オオクボトクジロウ)
録音 海原幸夫 (カイハラユキオ)
照明 島崎一二

■キャスト

俳優名 役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)  清水富彦
峰幸子 (ミネサチコ)  お光
三田登喜子 (ミタトキコ)  奈都子
伊沢一郎 (イザワイチロウ伊澤一郎)  神崎陽一郎
中村玉緒 (Nakamura Tamao)  菊枝
石黒達也 (イシグロタツヤ)  千坂仙之助
清水元 (シミズゲン)  志村刑事
橘公子 (タチバナキミコ)  山際千代
吉川満子 (ヨシカワミツコ)  槙子
入江たか子 (イリエタカコ)  桐代
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)  高瀬理平
水原浩一 (ミズハラコウイチ)  辻部
原聖四郎 (ハラセイシロウ)  笹戸丸の船長
伊達三郎 (Saburo Date)  岡田肇
西岡タツオ (ニシオカタツオ)  山田春男
横山文彦 (ヨコヤマフミヒコ)  横浜病院の医師
藤川準 (フジカワジュン)  伊勢佐木署巡査A
玉置一恵 (タマキカズエ)  内藤
五代千太郎   今村義明
三上哲   幇間
堀北幸夫 (ホリキタユキオ)  風間組の小頭A
菊野昌代士 (キクノマサヨシ)  高瀬商会の馭者
岩田正 (イワタタダシ)  千坂秘書藤平
越川一 (コシカワハジメ)  かんかん虫の土手平
長谷川茂 (ハセガワシゲル)  伊勢佐木署巡査B
加賀美健一 (カガミケンイチ)  かんかん虫のノッポ
由利道夫 (ユリミチオ)  河村
志賀明 (シガアキラ)  風間組の小頭B
滝川潔 (タキガワキヨシ)  ホテルのボーイ
内海透 (ウツミトオル)  新聞記者A
中西五郎 (ナカニシゴロウ)  伊勢佐木署巡査C
大国八郎 (オオクニハチロウ)  かんかん虫の南京辰
沖時男 (オキトキオ)  風間組の小頭C
安田祥郎 (ヤスダサチオ)  かんかん虫の捨松
清水浩 (シミズヒロシ)  新聞記者B
楳崎宏樹   かんかん虫のデコ
原三郎 (ハラサブロウ)  笹戸丸の船員
江上正伍 (エガミショウゴ)  陸奥ちゃん
加納泰次 (カノウタイジ)  チビ公
辻井正雄 (ツジイマサオ)  ぐずんべ
佐藤一雄 (サトウカズオ)  道ちゃん
仲上小夜子 (ナカガミサヨコ)  柳屋の女将

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!