映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 若旦那の縁談

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

下町では名の売れた手縫い足袋の老舗柏屋。−−若旦那修一は大学を出て以来、古風なノレンの跡つぎがいやなまま、とある玩具会社に就職しているが、これは未亡人の老母とみや、一番職人平造の頭痛の種である。平造の娘美佐子は小花を名乗って芸妓にでているが、幼馴染みの修一を慕い、とみ、平造も二人が結ばれることを願っている。ところが修一は会社で我侭な女社長まさ子をやりこめ、尻にしかれている養子の専務荘八をたすけたため、近代的な令嬢京子と知りあった。彼女はキザな金持の息子との結婚を強いる横暴な母をやっつけたこの青年に、惹かれている。スケートにいったり街を散歩したりで、修一と京子は日毎に親しくなった。平造は娘の気持を察して気が気ではない。するうちに修一と京子は相談して弱気な荘八を料亭に誘いだし、酒をどんどんつぎこんだ勢いでまさ子夫人を電話で呼びつけ、叩かせようとする。一方、同じ料亭の他の室では美佐子の姉芸者菊丸が将来を誓って永年入れあげた男−−片山に現金な別れ話をもちだされて、愁嘆場のまっ最中。傍らには美佐子も大憤慨、とあって片山はたえかね、玄関までにげだしたところを、腹を立ててかけつけたまさ子社長とバッタリ。この片山じつは夫人の信頼厚い金持息子の正体だったから、美佐子達のはなしで女社長は恥入るばかり、漸く牝鶏時をつくる愚をあらため、社長の席を夫荘八にゆずり自らは家庭に収まろうということになった。修一を思う美佐子の存在をしって、京子はことさらに彼を退社させ、二人の幸福をいのった。



■解説

「母の誕生日」の津路嘉郎のオリジナル・シナリオによって「おもかげの歌」の穂積利昌が監督した。撮影は「未完成結婚曲」の中島信雄。「雪間草」の川喜多雄二、草間百合子、「初恋おぼこ娘」の榎本美佐江(ビクター)、「弁天横丁」の坂本武、「景子と雪江」の伊沢一郎、新人渡規子らが出演する。

  • 1953年7月14日 より

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(1953)

■スタッフ

監督 穂積利昌 (ホヅミトシマサ)
脚本 津路嘉郎 (ツジヨシロウ)
製作 桑田良太郎 (クワタリョウタロウ)
撮影 中島信雄 (ナカジマノブオ)
美術 逆井清一郎
音楽 万城目正 (マンジョウメタダシ)
録音 高懸義人
照明 荒井公平 (アライコウヘイ)

■キャスト

俳優名 役名
坂本武 (サカモトタケシ)  山本平造
榎本美佐江 (エノモトミサエ)  娘美佐子(芸妓小竹)
高瀬乗二 (タカセジョウジ)  職人の竹どん
川喜多雄二 (Yuji Kawakita)  並木修一
草香田鶴子 (クサカタヅコ)  修一の母とみ
渡規子 (ワタリノリコ)  芸妓菊丸
有島一郎 (アリシマイチロウ)  松田荘八
望月優子 (モチヅキユウコ)  夫人まさ子
草間百合子 (クサマユリコ)  令嬢京子
伊沢一郎 (イザワイチロウ伊澤一郎)  片山
稲川忠完 (イナガワ)  亡父
永井達郎 (ナガイタツオ)  外人
阿南純子 (アナミジュンコ)  料亭の女中
加藤礼子 (カトウレイコ)  スケートの女

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!