映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 流れの旅路

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

旅廻りの女劇団の座長衣笠千代子は、今は遡る二十年前水郷の潮来で酒造屋の伜健太郎と愛し合う仲になった。しかし健太郎の父久造がどうしても二人の仲を認めないので、二人は遂に飛び出して一緒になったが、健太郎は慣れぬ旅廻りに胸を煩い、千代子が愛の結晶であるしげ子を産み落とすと間もなく息を引き取った。駈けつけた久造にひげ子を引き渡してそれから二十年−−潮来へやってきた千代子は、当時からの事情をずっと知っている一座の庄吉と一緒にそっとしげ子と久造の消息を訪ねてみた。久造は今は没落し、街はずれで小さな煮しめ屋を営んでいるらしかったが、しげ子は美しく成長して、信一という恋人まである模様だった。貧しいながら楽しそうな暮らしを目にした千代子はホッとしたが、またしげ子が金の為に町の有力者黒田の伜と結婚しなければならないという話をも耳にした。興行師の川上から次の興行を続ける約束で金を借りた千代子は、それをそっと久造の許に届けた。子を思う母の真情に折れた久造は、しげ子に母と名乗ってやってくれと言うが、千代子は断ち難い愛情を振り切って逃げる様に立ち去った。千代子はこの興行を最後に足を洗って庄吉と一緒になるつもりで潮来に来たのではあったが、かくてまた流れ流れの旅路に立たなければならなかった。



■解説

久保光三の製作になり「お嬢さん社長と丁稚課長」の津路嘉郎のオリジナル脚本になる母物浪曲映画。佐々木哲祐、渋谷、大場の各監督に師事した小林桂三郎の第一回監督作品である。出演者は、「明日は日曜日」の市川春代、「カルメン純情す」の北原三枝のほかに徳大寺伸、市川小太夫、小林十九二など。尚浪曲界の國友忠がはじめて映画に特別出演している。

  • 1952年12月4日 より

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(1952)

■スタッフ

監督 小林桂三郎 (コバヤシケイザブロウ)
脚本 津路嘉郎 (ツジヨシロウ)
製作 久保光三 (クボコウゾウ)
撮影 赤松隆司
美術 逆井清一郎
音楽 万城目正 (マンジョウメタダシ)
録音 高懸義人
照明 田村晃雄 (タムラアキオ)

■キャスト

俳優名 役名
市川春代 (イチカワハルヨ)  衣笠千代子
徳大寺伸 (トクダイジシン)  庄吉
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)  木村久造
土紀就一   息子健太郎
北原三枝 (キタハラミエ)  孫娘おしげ
三木隆 (ミキタカシ)  恋人信一
井上正彦 (イノウエマサヒコ)  黒田
泉時彦 (イズミトキヒコ)  伜正次
長尾敏之助 (ナガオトシノスケ)  興行師川上
小林十九二 (コバヤシトクジ)  老役者留五郎
比良多恵子 (ヒラタエコ)  座長歌女八
國友忠   特別口演

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!