映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 新・女大学

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

西川霞は誠と恋愛緒婚して二年。誠は薄給なのにマージャンやバーの支払いで月給はいつも半分位しか持って帰らない。ある日、誠が外泊し翌日、派手な服を着た女が金を届けて来た。霞の怒りは爆発した。これは同僚宮城の考えた芝居で、女は恋人でバーを経営しているあや子だった。真相を知らぬ霞は離婚を決意し、実家の姉梢に相談した。梢は銀座の美容院の技術主任、夫は売れないテレビ作家。彼女は有吉佐和子の新女大学をモットーに夫六郎を操縦している。霞の兄武夫は亭主関白で、妻まさ子は典型的な良妻賢母。兄や姉になだめられ、霞は妹の緑を連れて家に戻った。誠は真相を話したが、女性の毛髪が原因で、今度は誠が家出した。数日後、六郎は梢から預った手切金を持って誠の会社を訪れ、あや子と手を切れといった。が、誠の話を聞いてあや子とは関係がなく、自分達の女房はけしからんと、その晩二人は痛飲した。六郎も梢と喧嘩して箱根に行った。彼に同情した、テレビ女優の虹マリ子がその後を追った。これを知った梢は六郎に絶縁を宣告した。実家に戻り、梢は事情を訴えた。その頃、武夫はちょいと浮気をしていた。が、それも知らずにへソクリまで出すまさ子をみて、彼も思いとどまった。ツケ刃の男性尊重を唱え梢と、貞淑なまさ子をみた霞は自分を反省して家に戻った。そこに宮城とあや子の結婚通知が来た。誤解をといた霞は式場に急いだ。誠も来ていた。霞はまさ子のように生きようと心に誓った。これですべてはめでたしめでたし。誠と霞の顔には喜びが隠しきれなかった。



■解説

有吉佐和子の原案から、沢村勉と堀江史朗が脚本を執筆、「路傍の石(1960)」の久松静児が監督したホーム・コメディ。撮影は「銀座退屈娘」の遠藤精一。

  • 1960年8月28日 より

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(1960)

■スタッフ

監督 久松静児 (Seiji Hisamatsu)
脚本 沢村勉 (サワムラツトム) 堀江史朗 (ホリエシロウ)
原案 有吉佐和子 (アリヨシサワコ)
製作 藤本真澄 (Sanezumi Fujimoto) 堀江史朗 (ホリエシロウ)
撮影 遠藤精一 (エンドウセイイチ)
美術 北猛夫 (キタモリオ)
音楽 広瀬健次郎 (Kenjiro Hirose)
録音 刀根紀雄 (トネノリオ)
照明 隠田紀一

■キャスト

俳優名 役名
司葉子 (Tsukasa Yoko)  西川霞
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)  西川誠
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)  三輪梢
滝田裕介 (タキタユウスケ)  三輪六郎
加東大介 (カトウダイスケ)  尾崎武夫
乙羽信子 (Otowa Nobuko)  尾崎まさ子
水の也清美 (ミズノヤキヨミ)  尾崎琴
北あけみ (キタアケミ)  尾崎緑
藤木悠 (フジキユウ)  宮城英久
原知佐子 (ハラチサコ)  井上あや子
夏木陽介 (Yosuke Natsuki)  田宮圭太
杉葉子 (スギヨウコ)  石田ちえ子
横山道代 (Michiyo Yokoyama)  虹マリ子
織田政雄 (オダマサオ)  竹野貫太郎
三田照子 (ミタテルコ)  貫太郎の夫人
秋好光果   福永夫人
塩沢とき (シオザワトキ)  大西夫人
北川町子 (Machiko Kitagawa)  中川夫人
森今日子 (モリキョウコ)  阿部夫人
加藤春哉 (カトウハルヤ)  圭太の同僚
桜井巨郎   結婚の司会者
飛鳥みさ子 (アスカミサコ)  座談会の司会者
宮田芳子 (ミヤタヨシコ)  A子
千石規子 (Noriko Sengoku)  B江
一の宮あつ子 (イチノミヤアツコ)  C代
清川玉枝 (キヨカワタマエ)  肥ったマダム
小西瑠美 (コニシルミ)  若い女

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!