映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • がめつい奴

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

大阪釜ヶ崎−−向山鹿はこの一角に一泊三十円の「釜ケ崎荘」を経営している。常客は娘お咲の亭主、通天閣の雄、ポンコツの熊吉と女房おたか、ホルモン焼の小山田初江、絹の姉妹、おさわり按摩のお圭、麻薬の源さん、千三ツ屋の神田……といった面々。お鹿はがめついという定評のあるように、なかなかの財産家だ。お鹿の楽しみは、貯めた金を孤児のテコに見張らせて、台所にかくした梅干のカメの中の札束を数えることだった。泊り客の管理をするお鹿の息子の健太は絹と恋仲だった。お鹿は気に入らない。小山田姉妹は、お鹿が昔奉公していた地主の娘だった。初江は土地をとり戻そうと必死だった。お鹿の義弟、彦八がやって来た。彦八にたきつけられた健太はお鹿と争って首を絞めてしまったところへ、土建屋升金の職人が家をとりこわしに来た。息を吹きかえしたお鹿はかけ合ったが、初江が熊吉の甘言にだまされて身体を奪われた上、土地の権利書を升金に売り飛ばされたためと分った。熊吉をさがした初江は、トランプ占いの店を出しているおたかの目前で、熊吉を刺殺した。お鹿と升金のかけ合いはがめついお鹿の勝ちとなり、三百万円の立退料が払われた。お鹿は勿論、住人たちの立退料をピンハネした。健太はお鹿から借りた金で絹と一緒にウドン屋を開いた。初江は自首した。おたかは初江を待ってパン屋を開くことにした。お鹿はテコをつれて天王寺公園で乞食商売を開いた。ひざの下には札束が沢山敷かれていた。テコに金を貯めることの尊さを教えつつ、お鹿は通行人に何度もがめつく頭を下げた。



■解説

東宝芸術座で長期公演した菊田一夫の同名のドラマの映画化。「お姐ちゃんに任しとキ!」の笠原良三が脚色し、「羽織の大将」の千葉泰樹が監督した。撮影は「お姐ちゃんに任しとキ!」の完倉泰一。Perspecta Stereophonic Sound。

  • 1960年9月18日 より

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(1960)

■スタッフ

監督 千葉泰樹 (チバヤスキ)
脚色 笠原良三 (カサハラリョウゾウ)
原作 菊田一夫 (キクタカズオ)
製作 藤本真澄 (Sanezumi Fujimoto)
撮影 完倉泰一 (カンクラタイイチ)
美術 河東安英 (カトウヤスヒデ)
音楽 古関裕而 (コセキユウジ)
録音 小沼渡 (オヌマワタル)
照明 金子光男 (カネコミツオ)

■キャスト

俳優名 役名
三益愛子 (ミマスアイコ)  向山鹿
高島忠夫 (Tadao Takashima)  向山健太
原知佐子 (ハラチサコ)  向山お咲
中山千夏 (ナカヤマチナツ)  向山テコ
森繁久彌 (Hisaya Morisige)  彦八
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)  小山田初江
団令子 (ダンレイコ)  妹絹
森雅之 (Masayuki Mori)  平熊吉
安西郷子 (アンザイキョウコ)  大星堂おたか
藤木悠 (フジキユウ)  通天閣の雄
東郷晴子 (トウゴウハルコ)  お圭
佐田豊 (サダユタカ)  神田
天本英世 (アマモトヒデヨ) 
瀬良明 (セラアキラ)  浪之丞
田武謙三 (タブケンゾウ)  閣下
上野洋子 (ウエノヨウコ)  さだ
河美智子 (カワミチコ)  のぶ
中山豊 (ナカヤマユタカ)  交通事故の巡査A
井上大助 (イノウエダイスケ)  交通事故の巡査B
沢村いき雄 (サワムライキオ)  トラックの運転手
谷晃 (タニアキラ)  城田
山茶花究 (サザンカキュウ)  升金
西村晃 (ニシムラコウ)  柳田
多々良純 (タタラジュン)  元村
中村是好 (ナカムラゼコウ)  野羽玉
柳谷寛 (ヤナギヤカン)  境内の巡査
宮田洋容 (ミヤタヨウヨウ)  救急車の係官
木匠マユリ (モクショウマユリ)  バーの女給
三田照子 (ミタテルコ)  ひさごの女中
夏木陽介 (Yosuke Natsuki) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!