映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 続次郎物語 若き日の怒り

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和七年−−中学校では陸軍記念日を奉祝する野外演習が行われた。四年生の次郎は白軍の斥候をつとめ、五年生二人を捕虜にした。翌朝、くやしがる悪童連が次郎に難癖をつけたが、生徒監の朝倉先生が通り合せ、彼らを退散させた。春の休暇が来て、寮にいる高校生の兄・恭一が帰って来た。二人は継母の実家を訪れた。次郎は運平老人の剣道の相手をした。若主人・徹太郎の義理の妹道江が次郎を声援した。明るくて美しい彼女に、次郎も恭一も心をひかれた。店の番頭の肥田が金を持って行方をくらますという事件が起きた。春月亭の女将が、肥田の判をおした証文をもって来、上酒一斗を請求した。品切れだったので、次郎はくやしまぎれに壜に水をつめて渡した。後に次郎は謝罪に行ったが、彼の心は晴れなかった。−−五・一五事件。が、次郎にはもっと驚くべき出来事がもち上った。朝倉先生の時局を批判した講演が問題になり、先生が辞職を勧告されたのだ。ストを主張する者がいたが、次郎は反対した。その夜、次郎は血で嘆願書を書いた。しかし、そんな次郎たちの努力も空しく、朝倉先生は東京へ去った。次郎も学校をやめる決心をした。送別の壮行会の夜、次郎は道江に手紙を渡した。お別れの日が来ました。今日までどんなにあなたに励まされたことでしょう−−という手紙を。朝が来て、次郎を乗せた列車は遠ざかっていった。



■解説

下村湖人原作の今回は第三・四部の映画化。脚色・館岡謙之助、監督・野崎正郎、撮影・森田俊保はいずれも「次郎物語(1960)」のスタッフ。

  • 1960年5月13日 より

  • 製作国:日本(1960)

■スタッフ

監督 野崎正郎 (ノザキマサオ)
脚色 館岡謙之助 (タテオカケンノスケ)
原作 下村湖人 (シモムラコジン)
企画 松丸青史
製作 植野哲雄 (ウエノテツオ)
撮影 森田俊保 (モリタトシヤス)
美術 熊谷正雄 (クマガイマサオ)
音楽 加藤三雄 (カトウミツオ)
録音 妹尾直信
照明 須藤清治 (スドウセイジ)
編集 杉原よし (スギハラヨシ)

■キャスト

俳優名 役名
山本豊三 (ヤマモトトヨゾウ)  本田次郎
川津祐介 (カワヅユウスケ)  兄恭一
真藤孝行   弟俊三
伊藤雄之助 (イトウユウノスケ)  父俊亮
井川邦子 (イガワクニコ)  義母お芳
浦辺粂子 (ウラベクメコ)  祖母
笠智衆 (Ryu Chishu)  大巻運平
高野真二 (タカノシンジ)  息徹太郎
島かおり (シマカオリ)  重田道江
桜むつ子 (サクラムツコ)  お浜
佐藤綾子   娘お鶴
佐野周二 (サノシュウジ)  朝倉先生
十朱久雄 (Hisao Toake)  西山教頭
須賀不二男 (スガフジオ須賀不二夫)  曽根少佐
山下洵一郎 (ヤマシタジュンイチロウ)  馬田千太郎
山路義人 (ヤマジヨシンド)  村井庄八
真塩洋一   息鉄五郎
沢村貞子 (サワムラサダコ)  庄八の妾
戸塚雅哉 (トツカマサヤ)  新賀
田中晋二 (タナカシンジ)  田上
吉野憲司 (ヨシノケンジ)  石川
林家珍平 (ハヤシヤチンペイ)  室崎
鹿島信哉 (カシマシンヤ)  伝令
永井達郎 (ナガイタツオ)  青木医師
里見孝二 (サトミコウジ)  番頭肥田
小瀬朗 (オセロウ)  番頭仙吉

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!