映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • “人妻”より 夜の掟

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

スナック“ドン”に働く三上年男と美しい人妻静香が知り合ったのは“港祭り”の夜だった。それは静香にとっては一夜かぎりの火遊びくらいにしか映らなかったが、年男にとっては忘れられないものだった。やがて、静香の資産をねらうやくざが花丸から彼女を救った時、年男の心に一段と激しい愛の炎が燃えあがった。一方、静香も貧しい青年年男を歌手に育てあげたいという愛情にも似た夢を抱いていた。やがて、“ドン”のマスター一平に二人の仲を打明けた年男は、許しを得て、作曲家原伸介のもとで歌手としての産声をあげた。こんな年男に想いをよせるフーテン娘マミーは、二人の仲をさこうと必死だった。一方、花丸も年男と親しい美容師の洋子を痛めつけ、二人の関係をしゃべらせた。年男は花丸の洋子に対する残酷な仕打ちに激怒、一平は年男を制して花丸との対決を買って出た。だが、殺し屋鉄の銃弾には勝てなかった。ちょうど、年男のデビュー盤が出るという矢先だった。一平の告別式の日、年男の怒りをこめたコルトが、車に乗った花丸めがけて火を吐いた。だが次の瞬間、年男の身体もまた花丸の車にはねられ宙に舞った。駆けつけた静香。彼女の腕の中で年男は静かに息絶えていった。



■解説

「女体(1969)」の池田一朗が脚本を執筆し、「艶説 明治邪教伝」の土居通芳がメガホンを取った風俗もの。撮影は、「昭和残侠伝 唐獅子仁義」の坪井誠が担当した。

  • 1969年11月15日 より

  • 配給:日活
  • 製作国:日本(1969)

■スタッフ

監督 土居通芳
脚本 池田一朗 (イケダイチロウ)
原案 池田一朗 (イケダイチロウ) 西田一夫 (ニシダカズオ)
製作 西川幸男 望月利雄 (モチヅキトシオ)
撮影 坪井誠 (ツボイマコト)
美術 福留八郎 (フクトメハチロウ)
音楽 吉野達弥 (ヨシノタツヤ)
録音 宮永晋
照明 窪田彰
編集 山田幸子
スチル 式田高一

■キャスト

俳優名 役名
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)  三上年男
藤田佳子 (フジタヨシコ)  山口静香
加藤嘉 (カトウヨシ)  山口剛
夏海千佳子 (ナツミチカコ)  フーテン・マミー
林栄子 (ハヤシエイコ)  ユミ
北島三郎 (キタジマサブロウ)  池山一平
睦五郎 (ムツミゴロウ)  拍木五郎
龍崎一郎 (リュウサキイチロウ)  花丸卓造
新井茂子 (アライシゲコ)  花木とり子
辰巳柳太郎 (タツミリュウタロウ)  原伸介
山田太郎 (ヤマダタロウ)  北弘二
三上真一郎 (ミカミシンイチロウ) 
藤田陽一 (フジタヨウイチ)  ケン
山口火奈子 (ヤマグチカナコ)  洋子
松尾ジーナ (マツオジーナ)  ノン子
桂小かん (カツラコカン)  サブ
泉三枝子 (イズミミエコ)  とき
中庸介   石山
村上幹夫 (ムラカミミキオ)  笠原
浅井美帆 (アサイミホ)  クラブのママ
山岡慎太郎 (ヤマオカシンタロウ)  黒田刑事

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!