映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ひとりっ子(1969)

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

「お母さんは自衛隊や防衛大学が、いいか悪いかわからない。でも、戦争の匂いのする所へはお前をやりたくない!」防大の一次試験に合格した一人息子の新二に、とみはこう言って反対した。だが、父の大介は防大へ行くことを喜んでいた。新二も防大を踏み台に理工科系の知識を身につければよいと思っていた。中学時代の同級生でバスの車掌をしている京子は、そんな新二に抵抗、防大行きに反対した。ある日、校内に貼られた一枚の反戦ビラがもとでホームルームが開かれた。なぜ学校で就職組が差別をい受けるのか。なぜ教育が社会に直面する問題を避けるのか。生徒たちは活発な発言を繰返した。それから間もなく新二は坂西に誘われて反戦デモに参加した。隊列の中の彼にひとつの目的で結ばれた者同志の、強い連帯感が伝わって来た。デモに参加したことが、学校で問題になった。若者たちの純真な気持を理解しようとしない教頭。上田先生は「生徒たちの不満や不信は、何に根ざしているのでしょうか」と叫んだ。新二たちは、学生処分に反対し、職員室に押しかけ抗議した。なぜ反戦デモがいけないのか。なぜ戦争がいやだといってはいけないのか。新二は考え悩んだ。そして防大進学をきっぱり振り捨てた。



■解説

寺田信義、家城巳代治の原作を家城といえきひさこが共同で脚色した社会劇。家城がメガホンをとり、「ヒロシマの証人」の江連高元が撮影を担当した。

  • 1969年5月25日 より

  • 製作国:日本(1969)

■スタッフ

監督 家城巳代治 (Miyoji Ieki)
脚色 家城巳代治 (Miyoji Ieki) いえきひさこ
原作 家城巳代治 (Miyoji Ieki) 寺田信義 (テラダノブヨシ)
製作 岩崎昶 秦豊 其田則男 松丸青史
撮影 江連高元
美術 平川透徹 (ヒラカワトウテツ)
音楽 いずみたく
録音 空閑昌敏
照明 田畑正一 (タバタショウイチ)
編集 沼崎梅子 (Umeko Numazaki)
スチル 米山穂積

■キャスト

俳優名 役名
山本亘 (ヤマモトセン)  新二
藤田弓子 (Fujita Yumiko)  京子
北村和夫 (Kazuo Kitamura)  大介
荒木道子 (アラキミチコ)  とみ
石立鉄男 (イシダテテツオ)  勝男
三津田健 (ミツダケン)  京子の祖父
杉村春子 (スギムラハルコ)  大介の姉波子
北条清志 (ホウジョウキヨシ)  白井
高田直久   坂西
渡辺篤史 (ワタナベアツシ)  久米
湯沢勉   島上
川端真二 (カワバタシンジ)  染谷
朝倉宏二 (アサクラコウジ)  佐伯
加藤嘉 (カトウヨシ)  校長
飯沼慧 (イイヌマケイ)  教頭
高原駿雄 (タカハラトシオ)  千川先生
菅野忠彦   上田先生
森幹太 (モリカンタ)  野元先生
永井玄哉 (ナガイ)  川村先生
牧田正嗣   矢部先生
矢吹寿子   正枝
太地喜和子 (Kiwako Taichi)  染谷佳子
北城真記子 (キタシロマキコ)  坂西礼子
大出俊   中島自衛官

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!