映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 霧のバラード

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

乾は、昔自分を裏切った女加代とその恋人坂口の密航の手助をスナックのママ文江から頼まれて迷った。だが、訪ねて来た坂口から「余命いくばくもないブラジルの母に会いたい」と聞いて、その依頼を引受けた。船は翌朝出帆することになっていた。しかし密航計画は、黒川興業のボス大森や、復讐のためにつけ狙っている玄田組に知れていた。乾は、坂口が大森らに襲撃されると、彼を顔なじみの小山外科院長に預けた。そして、大森の身内だが自分を慕う三郎や西郷の協力を得て、加代を大森から救いだした。その夜、三年ぶりに会話を交した乾は、加代がもう坂口から離れられないことを悟った。夜明けまであと二時間という時、小山病院へ救急車が横づけされ、白衣をつけた二人の男が駈けこんだ。やがて、救急車は立去ったが、そのハンドルを握っているのは小山病院で入替った乾と坂口だった。二人は途中で加代とおちあい明け初めた街を港へと急いだ。しかし、船を目前に、三人は、大森らの一団に追いつかれ、乾と坂口はやくざと血みどろの死闘を展開した。その時、坂口は玄田組のボス南と刺しちがえて死んだ。それから数日、埋立地で乾と加代は別れた。「いつまでも貴方を愛しているの。でももう駄目ね」一人佇む乾の耳には加代の最後の言葉が鳴りつづいていた。



■解説

「昭和おんな仁義」の長谷川公之が脚本を執筆し、「霧にむせぶ夜」の梅津明治郎が監督したムード・アクション。撮影はコンビの浜崎和水。

  • 1969年4月12日 より

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(1969)

■スタッフ

監督 梅津明治郎 (ウメツメイジロウ)
脚本 長谷川公之 (ハセガワキミユキ)
製作 織田明 (オダアキラ)
撮影 浜島和水
美術 宇野耕司 (ウノコウジ)
音楽 井上忠也 (イノウエ)
録音 堀義臣 (ホリヨシオミ)
照明 佐久間丈彦 (サクマタケヒコ)
編集 大沢しづ (オオサワシヅ)
スチール 梶本一三

■キャスト

俳優名 役名
栗塚旭 (クリヅカアサヒ)  乾啓吾
佐藤友美 (サトウトモミ)  麻生加代
吉田輝雄 (ヨシダテルオ)  坂口弘
小松方正 (コマツホウセイ)  小山剛造
美川憲一 (ミカワケンイチ)  小山俊夫
朝丘雪路 (アサオカユキジ)  戸川文枝
笹みどり (ササミドリ)  笹みどり
西郷輝彦 (サイゴウテルヒコ)  西郷輝彦
砂塚秀夫 (スナヅカヒデオ)  佐々木三郎
土方弘 (ヒジカタヒロシ)  大森武男
堀田真三 (ホッタシンゾウ)  東田健
諸角啓二郎 (モロズミケイジロウ)  南元次
園田健二 (ソノダケンジ)  杉山
岡本忠行 (オカモトタダユキ)  小原

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!