映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 一心太助 江戸っ子祭り

    (原題:Our Chivalrous Fish-peddler)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

威勢のいい魚屋の太助は義侠心にも富んでいて、自分の縄張を荒す同業の金太の面倒もよくみていた。それというのも、金太はスリから更生しようと魚屋になったからである。ある日、旗本大久保彦左衛門の屋敷に商売にいった太助は、将軍家光から賜った皿を割ったことで腰元のお仲が手討ちにされそうになるのを見て、皿より人の命が大切、と彦左衛門を説得した。それ以来、彦左と太助は歳と身分を超えた友情に結ばれたのである。その頃、魚河岸を取締る松前屋に代って、新興勢力の相模屋がのさばり、魚河岸からは何かともめごとが絶えなかった。相模屋は勘定奉行の川勝丹波守と組んで魚河岸の問屋株を買い占めて総て自分の勢力下に置こうとしていたのだった。それを聞いた彦左は丹波守に忠告したが、逆に家光から魚屋風情に味方するなと言われ弱り切ってしまった。そうなると魚河岸はますます相模屋の思うままに牛耳られ、しじみ売りの少年からピンハネするなど、彼らの悪辣さは目にあまるものがあった。一方、彦左は何ら手を出せないまま病床に伏し、間もなく、他界してしまった。太助は口惜しがったが、ふて腐れてやけ酒をあおる日もあってお仲を心配させた。家光も彦左が亡くなった後、丹波守と相模屋の悪事を知らされたが、何の証拠もなく手をこまぬくばかりだった。そんなある日、太助はお仲に忠告され、相模屋の悪事の証拠を握って、彼ら一味を倒そうと決心した。仲間も太助の許に集り、それぞれ情報を集めあった。そして、丹波守の私邸で相模屋がワイロを渡す現場に踏み込んだ太助たちは悪人逮捕の一番手柄を立てたのである。彦左の墓前で家光から褒美を頂いた太助は、翌朝、威勢のいい売り声を江戸の町町に響かせていた。



■解説

「日本侠客伝 白刃の盃」の中島貞夫の同名原作(『平凡』連載)を、自身と、「任侠柔一代」の金子武郎が共同で脚色し、「兄弟仁義 関東三兄弟」の山下耕作が監督した歌謡時代劇。撮影は「お尋ね者七人」の鈴木重平。

  • 1967年4月20日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1967)

■スタッフ

監督 山下耕作 (Kosaku Yamashita)
脚色 中島貞夫 (Sadao Nakajima) 金子武郎
原作 中島貞夫 (Sadao Nakajima)
企画 小倉浩一郎 (オグラコウイチロウ) 阿部勇吉 (アベユウキチ)
撮影 鈴木重平
美術 吉村晟 (ヨシムラアキラ)
音楽 山路進一
録音 堀場一朗 (ホリバイチロウ)
照明 井上孝二 (イノウエコウジ)
編集 宮本信太郎 (ミヤモトシンタロウ)
スチール 杉本昭三 (スギモトショウゾウ)

■キャスト

俳優名 役名
舟木一夫 (フナキカズオ)  一心太助
舟木一夫 (フナキカズオ)  徳川家光
富司純子 (Sumiko Fuji)  お仲
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)  新八
吉村絵梨子 (ヨシムラエリコ)  お美代
三島ゆり子 (ミシマユリコ)  お夏
財津一郎 (ザイツイチロウ)  笹尾喜内
花紀京 (ハナキキョウ)  金太
天王寺虎之助 (テンノウジトラノスケ)  千吉
林真一郎 (ハヤシシンイチロウ)  弥七
香川良介 (カガワリョウスケ)  松前屋五郎蔵
笑福亭松之助 (ショウフクテイマツノスケ)  源兵衛
八田圭介   清吉
松内紀夫 (マツウチノリオ)  与吉
中村錦司 (ナカムラキンジ)  加賀爪甚十郎
堀正夫 (ホリマサオ)  伊藤軍兵衛
阿波地大輔 (アワジダイスケ)  寅吉
有川正治 (アリカワマサハル)  豚松
近江雄二郎 (オウミユウジロウ)  兼松又四郎
西田良 (ニシダリョウ)  徳山五兵衛
丘路干   阿部四郎五郎
東龍子 (アズマリュウコ)  お豊
那須伸太朗 (ナスシンタロウ)  網元
有島淳平   医者
波多野博 (ハタノヒロシ)  黒覆面の男
小島恵子 (コジマケイコ)  女中
岡島艶子 (オカジマツヤコ)  お仲の母親
森源太郎 (モリゲンタロウ)  庭番
小田利夫   水野家用人
疋田圀男   棟梁
大矢正利 (オオヤマサトシ)  小姓
菅原俊夫 (スガワラトシオ)  小姓
遠藤辰雄 (エンドウタツオ)  相模屋勘兵衛
品川隆二 (シナガワリュウジ)  松平伊豆守
小池朝雄 (Asao Koike)  川勝丹波守
加東大介 (カトウダイスケ)  大久保彦左衛門

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!