映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 兄弟仁義 関東三兄弟

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

芝浦から塩居津へ行く客船の中で、塩居津の土建業者阿古島一家の若い衆が酒に酔って大暴れをした。これを鎮めたのが旅の渡世人一力良次郎、三年前に、塩居津の古くからの博徒、老松一家に草鞋をぬぎ、一宿一飯の仁義であこぎな阿古島一家に血の雨を降らせた男だった。彼は子分の辰巳銀次と共に仲間の骨壷を故郷の土に帰してやろうと塩居津にやってきたのだ。時は大正末期、老松一家の初代親分はすでに亡く、二代目梅乃井が代貸の政吉と細々ながら縄張りをしきっていた。そして梅乃井が病弱なことにつけこみ、阿古島一家が何かと言いがかりをつけ、一触即発の状態であったが、梅乃井と義兄弟の藤岡弥太郎が間をとりなしていた。折りから阿古島は大井製鋼重役岡蔵と共謀して漁民を暴力で退出し海岸を埋立てて、工場新設を目論んでいた。ある日漁民の代表が梅乃井を頼ってこの計画をとり止めるようにと言ってきた。梅乃井は早速、阿古島と岡倉が話合っている松風亨に向うが、途中阿古島の手下に妨害され、怒った政吉は手下の一人を傷つけてしまった。これをきっかけとしてついに老松と阿古島の対決は決定的になり、銀次は政吉と義兄弟の契りを結んだ。阿古島の無法が続く一方では梅乃井は東京で大井製鋼の社長と話合って、工場の代替地を探してもらうことにした。が、ある夜阿古島の者に殺されてしまった。さらに殴込みにいった律儀な藤岡も阿古島の代貸郷田の拳銃に倒された。うち続く悲報を聞いて、今は老松一家の三代目親分である政吉は決然とたち上り、銀次と良次郎もその後に続いた。降りしきる豪雨のなか、いずれも死装束に身を固めた三人は、怒涛のごとく阿古島一家に斬込んだ。



■解説

「侠客三国志 佐渡ケ島の決斗」の村尾昭がシナリオを執筆し、「続・兄弟仁義」の山下耕作が監督した“兄弟仁義”シリーズ三作目。撮影は「日本侠客伝 雷門の決斗」の山岸長樹。

  • 1966年12月31日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1966)

■スタッフ

監督 山下耕作 (Kosaku Yamashita)
脚本 村尾昭 (ムラオアキラ)
企画 西川幸男 俊藤浩滋 (Koji Shundo) 橋本慶一
撮影 山岸長樹
美術 富田冶郎
音楽 菊池俊輔 (キクチシュンスケ)
録音 堀場一朗 (ホリバイチロウ)
照明 和多田弘 (ワタダヒロシ)
編集 堀池幸三
スチール 藤本武 (フジモトタケシ)

■キャスト

俳優名 役名
北島三郎 (キタジマサブロウ)  辰巳銀次
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)  水島政吉
村田英雄 (ムラタヒデオ)  藤岡弥太郎
菅原謙二 (スガワラケンジ)  梅乃井清三
富司純子 (Sumiko Fuji)  小秀
宮園純子 (ミヤゾノジュンコ)  おみね
新城みち子   おしず
山城新伍 (ヤマシロシンゴ)  小松金五郎
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)  阿古島修
堀正夫 (ホリマサオ)  大井竜太郎
笠置シヅ子 (カサギシヅコ)  おとら
沢彰謙   磯部猪之助
汐見明   滝本新一
佐々五郎 (ササゴロウ)  谷川真兵
及川洋   河野民五郎
遠藤辰雄 (エンドウタツオ)  郷田信造
国一太郎 (クニイチタロウ)  関口辰平
有川正治 (アリカワマサハル)  増井角治
丘路干   村上伸六
宮城幸生   土田源吉
島田秀雄 (シマダヒデオ)  津川護
関根永二郎 (セキネエイジロウ)  権兵衛
蓑和田良太 (ミノワダ)  甚蔵
山下義明 (ヤマシタヨシアキ)  治作
汐路章 (Akira Shioji)  岡倉喜十郎
野口泉 (ノグチイズミ)  三峰大介
東龍子 (アズマリュウコ)  つた
波千鶴 (ナミチヅル)  初音
京町かおる (キョウマチカオル)  遣手婆さん
森源太郎 (モリゲンタロウ)  田中巡査
平沢彰 (ヒラサワアキラ)  木村音松
鷹司譲記   前田太市
毛利精二   測量技師
那須伸太朗 (ナスシンタロウ)  漁師A
疋田圀男   漁師B
畑中伶一 (ハタナカレイイチ)  漁師C
高並功   運転手
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)  一力良次郎

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!