映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 残侠あばれ肌

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

五年の刑期を終った菊川栄次郎は、恋人おけいがいるという、僅かな便りをもとに小田浜の町に流れついた。その時、傷ついた黒金一家の半次という男を、助けたばっかりに、黒金一家の客分として迎えられてしまった。同じ一家の客分マナイタの秀から、港の利権をめぐって、卑劣な黒金一家が、石田屋をつぶしてしまったという事実を知らされた。腹黒い黒金の親分初五郎は、栄次郎に石田屋の縄張りをまかせた。石田屋の残党が狙う縄張りを、流れ者にまかせて様子をみようというわけだ。石田屋に乗りこんだ栄次郎は石田屋の娘千津をみて息をのんだ。千津はおけいと瓜二つだった。千津はたった一人残った子分勇吉と二人で小料理屋を開いていた。栄次郎は縄張りをあずかる、とみせて石田屋一家の再建をしようと、秀に協力を頼んだ。そして黒金一家の無法からなんども千津を救った。怒った初五郎は千津の店を取りあげてしまい、そのうえ栄次郎を暗殺すべく殺し屋を集めた。千津は料亭吉野の一室をかりることになったが、そこには世の荒波にもまれ、汚され、荒みきったおけいがいた。栄次郎と再会したおけいは、汚れた自分を恥じて身を引くのだった。いよいよ、栄次郎を殺そうという日、殺し屋恭平は斬る相手を知らされて愕然とした。恭平はおけいの兄であり、栄次郎は弟分なのだ。恭平は初五郎を斬って、おけいを連れて中国へ飛ぶ決心をした。恭平は黒金一家で寝返った。それを知って栄次郎、秀、おけいも黒金一家へ駆けつけた。栄次郎が飛びこんだ時、恭平は初五郎の拳銃に倒れた。そして栄次郎も初五郎の拳銃に倒されんとした時、おけいが身体でふせいだ。怒った栄次郎の剣は初五郎を二つに斬っておとすのだった。



■解説

松浦健郎の原作を、「男度胸で勝負する」のコンビ山本英明と松本功が共同で脚色し、「侠客三国志 佐渡ケ島の決斗」の佐伯清が監督したやくざもの。撮影は「湖の琴」の飯村雅彦。

  • 1967年1月14日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1967)

■スタッフ

監督 佐伯清 (サエキキヨシ)
脚色 山本英明 (ヤマモトヒデアキ) 松本功 (マツモトイサオ)
原作 松浦健郎
企画 太田浩児 吉田達 (ヨシダトオル)
撮影 飯村雅彦 (イイムラマサヒコ)
美術 中村修一郎 (ナカムラシュウイチロウ)
音楽 木下忠司 (キノシタタダシ)
録音 加瀬寿士 (カセヒサシ)
照明 梅谷茂
編集 長沢嘉樹
スチール 藤井善男 (フジイヨシオ)

■キャスト

俳優名 役名
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)  菊川栄次郎
池部良 (イケベリョウ)  重政恭平
砂塚秀夫 (スナヅカヒデオ)  マナイタの秀
桑野みゆき (クワノミユキ)  おけい
桑野みゆき (クワノミユキ)  千津
鶴見丈二 (ツルミジョウジ)  勇吉
大木史朗 (オオキシロウ)  シケ馬安
水島道太郎 (ミズシマミチタロウ)  市之助
辰巳柳太郎 (タツミリュウタロウ)  光阿弥
河津清三郎 (カワヅセイザブロウ)  黒金初五郎
名和宏 (ナワヒロシ)  猿丸
滝島孝二 (タキシマコウジ)  三下りの半次
関山耕司 (セキヤマコウジ)  徳三
佐藤成也   源吉
山内修   六法の梅
八名信夫 (Nobuo Yana)  上林
谷隼人 (Hayato Tani)  清十郎
城野ゆき (ジョウノユキ)  お秋
植田灯孝 (ウエダトモタカ)  川島
沢彰謙   岩崎
御木本伸介 (ミキモトシンスケ)  中島
久保一 (クボハジメ)  佐藤
大東良 (オオヒガシリョウ)  島井
相馬剛三 (ソウマゴウゾウ)  佐助
菅原壮男   芳造
田川恒夫 (タガワツネオ)  光阿弥の弟子
比良元高   巡査A
高野隆志 (タカノタカシ)  巡査B
伊藤慶子 (イトウケイコ)  松月楼の女将
高須準之助 (タカスジュンノスケ)  石田屋一家子分A
清見淳 (キヨミジュン)  石田屋一家子分B
志摩栄 (シマサカエ)  須崎一家の親分

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!