映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 殺るかやられるか

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

三上伸一は、自分が一番大事にしていた弟英次が事故死したという報を、暗い独房の中で聞いた。彼は少年の頃、横浜の港で宇佐見組組長雄作に拾われ、成長した。そしてその恩義から組長の実弟市郎が犯した村井組組長村井良平殺しの代人役をやってのけたのだった。しかし市郎は冷たく、五年ぶりで出所した三上を突っぱねた。翌日から三上は怪死した弟英次の真相を追って奔走した。ある夜三上は宇佐見組のチンピラと喧嘩し重傷を負って倒れた。その彼を助けたのは、市郎に殺された村井良平の妻雅江であった。それを知った三上は呆然としたが、何も知らず親切に介抱する雅江や、なついてくる少女のかおるにほのかな慕情を感じ始めていた。数日後、元気を取り戻した三上は、字佐見組へ顔を出したが、昔と少しもかわらない仕事をいいつかって、失望しついに堅気になる決心をした。そして彼は雅江の経営するバー「まろうど」へバーテンとして住み込んだ。そんなある日、三上は金銭面でいろいろ雅江の面倒をみている千葉に頭を下げ、弟と一緒に働いていたという三浦達夫の情報を教えてくれと頼んだ。そして三上は麻薬中毒の三浦を追求して、弟の英次が自分の船が麻薬の取引きの舞台になっていることを知り、警察へ駈けこもうとしたため、宇佐見一味に殺されたことを聞き出した。一方、三上の行動に手を焼いていた宇佐見組は、三上が「まろうど」へ立寄った時、捕えて監禁してしまった。スキを見て見張りを倒した三上は宇佐見組へ乗り込み、市郎を思う存分殴りつけるのだった。翌日彼は、恩義のある宇佐見雄作に挨拶すると、雅江やかおるへの慕情をふりきるように横浜港をあとにした。



■解説

「俺にさわると危ないぜ」の中西隆三と藤井鷹史が共同で脚本を執筆、「放浪のうた」の野村孝が監督したアクションもの。撮影は「東京流れ者」の峰重義。

  • 1966年9月7日 より

  • 配給:日活
  • 製作国:日本(1966)

■スタッフ

監督 野村孝 (ノムラタカシ)
脚本 中西隆三 (ナカニシリュウゾウ) 長谷部安春 (ハセベヤスハル)
企画 山本武 (ヤマモトタケシ)
撮影 峰重義 (ミネシゲヨシ)
美術 松井敏行 (マツイトシユキ)
音楽 伊部晴美 (イベハルミ)
録音 古山恒夫 (フルヤマツネオ)
照明 土田守保 (ツチダモリヤス)
編集 鈴木晄 (スズキアキラ)
スチール 寺本正一 (テラモトショウイチ)

■キャスト

俳優名 役名
高橋英樹 (Hideki Takahashi)  三上伸一
藤竜也 (Tatsuya Fuji)  三上英次
芦川いづみ (アシカワイヅミ)  村井雅江
平塚ひろみ (ヒラツカヒロミ)  村井かおる
江角英明 (エスミヒデアキ)  村井良平
杉浦直樹 (Naoki Sugiura)  千葉
梶芽衣子 (Kaji Meiko)  川口紀子
久松洪介 (ヒサマツコウスケ)  川口修造
加藤武 (Takeshi Kato)  堀内医師
佐々木孝丸 (ササキタカマル)  宇佐見雄作
郷英治 (ゴウエイジ)  宇佐見市郎
黒田剛   吉田
長弘 (チョウヒロシ)  早碕
赤司健介   サブ
吉田毅   ケン
野呂圭介 (ノロケイスケ)  三浦達夫
山田禅二 (ヤマダゼンジ)  刑務所所長
久遠利三 (クドウトシゾウ)  マネージャー
小柴隆 (コシバタカシ)  バーテン
澄川透 (スミカワトオル)  立ちんぼ
河瀬正敏 (カワセマサトシ)  仲仕の男
根本義幸 (ネモトヨシユキ)  チンピラA
北上忠行 (キタガミタダユキ)  チンピラB
沢美鶴 (サワミツル)  チンピラC
木浦佑三 (キウラユウゾウ)  男?
晴海勇三   男?
吉田勇男   ルンペン風の男
高山千草 (タカヤマチグサ)  街娼風の女

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!