映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 男の紋章 竜虎無情

    (原題:The Dragon and the Tiger)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

母村田きよの仇を討ち、刑務所入りした大島竜次なきあと、大島組は芝浜組に荒らされ、晴子は芝浜に借金のかたに身体を狙われていた。子分の辰、鉄也はいたたまれず芝浜組に殴り込んだ。不意を衝かれた芝浜組は、辰たちに応戦したが、そこへ出所したばかりの竜次が応援にかけつけた。喜ろこぶ辰、鉄也、晴子をよそに、芝浜は竜次を亡きものにしようと企むのだった。父母の墓前で、大島組が芝浜のためにいためつけられたのを知った竜次は、晴子のとめるのも聞かず、芝浜と対決を心に決めた。竜次出所の祝宴の夜、芝浜の子分が竜次を狙った。怒った竜次は、芝浜組に出向き、みえをきった末、借金のかたに身を売ろうとする娘利江を助け出した。竜次は晴子に利江を預けると、父母の菩提寺頼山寺に居をかまえた。その頃、芝浜の賭場が荒された。竜次のさしがねとにらんだ芝浜は、喧嘩支度で乗り込んだが、実は、竜次が服役中、竜次を目の敵とした風来坊虎の仕業であった。やがて昔の子分が竜次のもとに帰って来た。大島組は再建され、いじめぬかれた商人も活気づいた。芝浜との間に小ぜりあいが続くまま正月をむかえた。竜次は、芝浜の迫害を苦に自殺した商人の死に怒激し、芝浜を監禁した。一方芝浜組は、晴子を誘拐して、芝浜と交換を条件に話をもちこんだが、芝浜組はその条件を守らず、鉄也をも刺した。竜次は芝浜組に殴り込みをかけた。だが芝浜のきたないやり口に怒った虎は、芝浜を斬り、晴子を逃がした。虎は、芝浜、大島組を掌中におさめようとする渋沢に利用されていたのだ。虎は竜次の命を狙ってつけまわしていた。もちろん渋沢の命令だ。虎との対決を前に、竜次は晴子と晴れて結婚式をあげた。志賀高原で対決した二人。だが卑怯にも、渋沢はこの二人に討ち手をむけた。怒りにふるえながら、二人は団結して渋沢にたちむかったが、虎は竜次の手を握りながら息をひきとった。



■解説

「男の紋章 俺は斬る」の甲斐久尊がシナリオを執筆、「泣かせるぜ」の松尾昭典が監督した“男の紋章”シリーズ第十作目。撮影は「男の紋章・俺は斬る」の萩原憲治。

  • 1966年1月14日 より

  • 配給:日活
  • 製作国:日本(1966)

■スタッフ

監督 松尾昭典 (マツオアキノリ)
脚本 甲斐久尊
企画 笹井英男 (ササイヒデオ)
撮影 萩原憲治 (ハギワラケンジ)
美術 小池一美 (コイケカズミ)
音楽 鏑木創
録音 高橋三郎 (タカハシサブロウ)
照明 大西美津男 (オオニシミツオ)
編集 井上治 (イノウエオサム)
スチル 斎藤誠一

■キャスト

俳優名 役名
高橋英樹 (Hideki Takahashi)  大島竜次
宍戸錠 (Jo Shishido)  遠州虎
和泉雅子 (イズミマサコ)  晴子
小池朝雄 (Asao Koike) 
谷村昌彦 (タニムラマサヒコ)  虎鮫
清水元 (シミズゲン)  伊丹刑事
佐々木すみ江 (ササキスミエ)  お蜂
亀山靖博 (カメヤマヤスヒロ)  鉄也
西尾三枝子 (ニシオミエコ)  利江
富田仲次郎 (トミタナカジロウ)  芝浜
柳瀬志郎 (ヤナセシロウ)  岡野
田村保   井上
河上信夫 (カワカミノブオ)  比良
佐々木孝丸 (ササキタカマル)  渋沢
鴨田喜由   十郎
山田禅二 (ヤマダゼンジ)  留吉
宮原徳平   徳三郎
二木草之助   露店商人A
久松洪介 (ヒサマツコウスケ)  質屋の亭主
野村隆 (ノムラタカシ)  露店商人B
英原穣二   緑茶業者A
三杉健 (ミスギケン)  芝浜の子分A
大庭喜儀   芝浜の子分B
倉田栄三   芝浜の子分C
澄川透 (スミカワトオル)  左官親方

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!