映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 調子のいい奴 いたずらの天才

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

藤島洋は生れつきいたずらの好きな男であった。彼は学生時代に出会った美しいグラマー中原道子の勤める東京貿易に入社すると、念願かなって道子と同じ営業部に配属となった。だが鬼係長と綽名される河野幸男も、道子に夢中であったため、洋は河野としのぎをけづる破目となった。東京貿易のライバル会社に、日本物産があった。東京貿易は、日本物産に抜きんでるため、アメリカンホワイト社との契約を成立させねばならなかった。これを聞いた藤島は猛ハッスルすると、首尾よく道子との一カ月のデイトを契約した。これを快く思わない河野は、神戸にアメリカンホワイト社のレッド社長が入港するというニュースをキャッチすると、藤島に神戸に出迎えにゆくよう命じた。道子と離しておきたかったのだ。だが藤島の自動車事故で、河野は仕方なく神戸に行く破目となった。だが道子と送りに来た藤島の顔には傷の跡もなかった、いっぱい喰わされたのだ。数日後、神戸に行った河野は、自分のキャッチしたニュースが誤報であったことを知らされ愕然とした。河野行方不明の報は、会社でも問題となったが、藤島、道子の心配をよそに、河野は芸者春美と熱海でのんびり過していた。というのも、平林課長からレッドが熱海にゆくという電報が入ったからだった。だがそれは日本物産只野部長と平林のうった罠であった。その頃レッド社長は羽田に着いた。平林の背任により社の秘密書類を日本物産に盗まれた東京貿易は、大騒ぎだった。藤島も河野も一致協力して、書類取り戻しに活躍した。藤島の機知で日本物産のキーパンチャー室から書類は無事返って来た。翌日、東京物産を訪れたレッド社長は、藤島の当意即妙さに好感をもち、東京見物の案内を頼んだ。そして、東京貿易と契約を結んだ。功績により課長に任命された藤島は、河野に席を譲り、自分は係長になると、またファイトを燃やした。道子との間は、かえって一歩前進するのだった。



■解説

「命しらずのろくでなし」の若井基成と「恋人よ」の二本松嘉瑞が共同でシナリオを執筆、二本松嘉瑞が監督した喜劇。撮影は「お座敷小唄」の倉持友一。

  • 1965年7月10日 より

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(1965)

■スタッフ

監督 二本松嘉瑞
脚本 若井基成 (ワカイモトナリ) 二本松嘉瑞
製作 島田昭彦 (シマダアキヒコ)
撮影 倉持友一 (クラモチトモイチ)
美術 宇野耕司 (ウノコウジ)
音楽 いずみたく
録音 平松時夫 (ヒラマツトキオ)
照明 青木好文 (アオキヨシフミ)
編集 大沢しづ (オオサワシヅ)
スチル 堺謙一

■キャスト

俳優名 役名
坂本九 (サカモトキュウ)  藤島洋
香山美子 (Kayama Yoshiko)  中原道子
堺駿二 (サカイシュンジ)  八木社長
谷幹一 (タニカンイチ)  河野幸男
E・H・エリック (Eric H. Eric)  レッド社長
三原葉子 (ミハラヨウコ)  芸者春美
石田智   平林課長
桂小金治 (カツラコキンジ)  只野部長

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!