映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 無宿者(1964)

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

佐渡金山を背後にひかえたある寒村に、二人の男がやって来た。賭場で知り会った二人は、形身の朱鞘のドスを持つ一本松とかつては武士であった黒木弥一郎だ。この二人は、奇しき因縁で結ばれていた。一本松の父は、五年前、笹子峠で斬殺されていたが、弥一郎の父も、五年前、笹子峠で御用金を拐帯して、姿を消していた。この話しを聞いて以来、一本松は、御用金拐帯を見た父が、弥一郎の父に殺されたにちがいないと信じた。だが弥一郎は、父の潔白を確く信じていた。やがて二人は、人足問屋兼やくざ稼業三州屋波蔵が、二年前から、盛んとなったことを、村の娘おはるから聞くと、二年前から、三州屋の黒幕になったという船問屋、島屋十兵衛の追求を始めた。一本松は十兵衛こそ、弥一郎の父黒木半兵衛の仮の姿だと信じたのだ。一本松は、波蔵をせめて、島屋の正体を吐かせる寸前で、島屋の仔分和四郎によって、波蔵は殺された。波蔵の妹で、器量を見込まれて、島屋の女となったお勢以に、飲み屋で会った一本松は、島屋の背後にもう一人の人物がいることを確かめた。その男こそ、半兵衛だ。一本松はそう信じた。おはるの父儀十も、佐渡から来る船の中には必ず島屋を命令する男がいるという。折よく、金山に労働者を送るため、船が来た。黒木半兵衛を追う一本松の目に、悠然と笑った父源七の顔が映った。一本松に、源七は、半兵衛を殺して金を奪ったと、笑った。一本松は、父を憎んだ。弥一郎もまた仇と狙った。だがそれを察した源七は、弥一郎を射殺した。遂に、一本松は父と対決した。だが父親殺しの汚名を一本松に着せることを恐れた源七は自からの命をたった。死体を前に、一本松の肩はがっくり落ちた。



■解説

「眠狂四郎円月斬り」の星川清司がシナリオを執筆「剣」の三隅研次が監督したヤクザもの。撮影もコンビの牧浦地志。

  • 1964年8月8日 より

  • 配給:大映
  • 製作国:日本(1964)

■スタッフ

監督 三隅研次 (Kenji Misumi)
脚本 星川清司 (ホシカワセイジ)
企画 財前定生
撮影 牧浦地志
美術 内藤昭 (ナイトウアキラ)
音楽 池野成
録音 大谷巖
照明 古谷賢次 (フルヤケンジ)
編集 菅沼完二 (スガヌマカンジ)
スチル 西地正満

■キャスト

俳優名 役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)  一本松
滝瑛子 (タキエイコ)  お勢以
坪内ミキ子 (ツボウチミキコ)  はる
藤巻潤 (Jun Fujimaki)  黒木弥一郎
石山健二郎 (イシヤマケンジロウ)  赤鞘の源七
沢村宗之助 (サワムラソウノスケ)  三州屋波蔵
水原浩一 (ミズハラコウイチ)  儀十
滝患一 (タキカンイチ)  鮫の和四郎
安部徹 (Tooru Abe)  島屋十兵衛
杉山昌三九 (スギヤマショウサク)  黒木半兵衛
橋本力 (ハシモト)  毘沙門
玉置一恵 (タマキカズエ)  青貝又七
石原須磨男 (イシハラスマオ)  伍平
浜田雄史   伝次
堀北幸夫 (ホリキタユキオ)  藤八
寺島雄作 (テラシマユウサク)  杢兵衛
東良之助 (アズマリョウノスケ)  老人百姓
愛原光一 (アイハラコウイチ)  彦助
日高晤郎 (Goro Hidaka)  若い百姓
黒木英男 (クロキヒデオ)  藤八
高森チズ子 (タカモリチヅコ)  百姓女房
小林加奈枝 (コバヤシカナエ)  百姓母親

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!