映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ここに幸あり(二部作)(1956)

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

第一部・誘惑の港−−男やもめの峯作造には二人の娘があった。姉娘の京子は銀座の洋裁店につとめる内気な娘で、作造のつとめる会社の専務佐野康夫から嫁にと望まれていた。妹娘の南子は明るい性格で、近所に住む中学校の教師松尾とは喧嘩友達であった。南子はつとめている出版社に出資している自動車会社の息子武田と知り合うようになった。松尾はある日、自分の先輩で静岡県富士宮に住む画家の高見が妻を亡くし、娘の信子を抱えて困っているのを見て東京に呼び、京子の店のスタイル・ブックを描く仕事を紹介した。南子は武田と知り合うようになり、武田の情熱にひかれて身をささげてしまった。武田には婚約者があり、自分とのことは一時の気まぐれにしかすぎないことを知った南子は怒って武田に平手打ちを与えた。第二部・花咲く朝−−京子と高見はお互いに愛しあっていることを認め、信子を入れた三人の生活を考えたが、父親の作造は佐野との縁談を考えて京子と高見の結婚に反対した。高見は京子の幸福を願い、信子を連れて東京を去った。京子は高見を慕って病躯をおして後を追い、富士宮で倒れた。その頃、家出した南子は自暴自棄となりキャバレーのダンサーになった。相変らず彼女を愛する松尾は彼女を救おうと意見するが、南子はふてくされるだけだった。しかし、姉京子の重態を知った時には流石に翻然とさとった。やがて富士宮のある病院の一室では、信子を中心に元気になった京子と高見、再び人生にスター卜した南子と彼女に寄り添う松尾、そのかたわらにこの人達を微笑で眺める作造と佐野専務の姿があった。



■解説

産業経済新聞連載の富田常雄の小説を「あっぱれ腰抜け珍道中」の共同脚色者の一人、中山隆三が脚色し、「駄々っ子社長」の番匠義彰が監督、「早春」の厚田雄春が撮影を担当した。主なる出演者は「続・この世の花 第6・7部」の川喜多雄二、水原真知子、「駄々っ子社長」の小山明子、片山明彦、「「少年宮本武蔵」より 晴姿稚児の剣法」の佐竹明夫、「柳生連也斎 秘伝月影抄」の三津田健など。

  • 1956年3月28日 より

  • 製作国:日本(1956)

■スタッフ

監督 番匠義彰 (バンショウヨシアキ)
脚色 中山隆三 (ナカヤマリュウゾウ)
原作 富田常雄 (トミタツネオ)
製作 山内静夫 (ヤマウチシズオ)
撮影 厚田雄春 (Yuharu Atsuta)
美術 逆井清一郎
音楽 池田正義 (イケダマサヨシ)
録音 高懸義人
照明 市村政次郎 (イチムラマサジロウ)

■キャスト

俳優名 役名
三津田健 (ミツダケン)  峯作造
水原真知子 (ミズハラマチコ)  峯京子
小山明子 (Koyama Akiko)  峯南子
川喜多雄二 (Yuji Kawakita)  松尾欣哉
片山明彦 (カタヤマアキヒコ)  高見修
シリヤ・ポール   高見信子
山内明 (ヤマウチアキラ)  佐野康夫
佐竹明夫 (サタケアキオ)  武田雄一
加賀ちか子 (カガチカコ)  岩崎三千代
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)  磯辺保
山田好二   林編集長
桜むつ子 (サクラムツコ)  礼子
英やよい (ハナブサヤヨイ)  立花よし枝
稲川善一 (イナガワ)  石島幾次郎
水上令子 (ミナカミレイコ)  お内儀さん

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!