映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ケチまるだし

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

サラリーマンの小石太郎はケチを現代風に解釈し、ケチを合理的精神の極度の発達と考えて、他人から何と言われようとこの考えを実行していた。妻の和子は、夫のケチをうとましく思いながらも、自分達の家を建てるために進んで内職し、つつましく家庭を切り廻していた。そんなある日、和子は大売出しの特賞で自動車を当てた。しかし、届けられた車は中古車だった。二人にはショックだったが、太郎は早速運転を習い、アパートの住人洋子や、会社の同僚達を相手に白タクを始めた。ある日、義妹恵子の恋人森本の誘いでドライブに出た太郎は、おハナ婆さんをひっかけてしまった。おハナ婆さんはかすり傷だったが、精密検査のため入院した。太郎はおハナの知人と称する熊谷から、入院費の他に五十万円の補償金を要求され、その上おハナの退院まで孫の六郎を預からされる破目となった。太郎夫婦は六郎の特製イタヅラ子に泣かされ、熊谷の補償金で悩まされた。追いつめられた太郎は、車を売り払い虎の子の預金をおろして、おハナとの交渉にのぞんだ。しかし、おハナは太郎から十万円を受取って病院から姿をかくした。後には、病院の請求書と、補償金がわりに六郎の養育を頼んだ置手紙があった。困り果てた太郎は、六郎を孤児院につれて行った。ところが、六郎は、太郎達夫婦を本当の両親のごとくふるまったので、神父は誤解して太郎の弁明も聞かず、二人の不心得をさとすのだった。怒った太郎は、六郎を町の中に置き去りにして帰宅した。これで太郎達はもとの平和な生活にもどったかのように見えた。しかし、二人の間には何かしらむなしく、気まずいものがあった。そしてたまりかねた二人は、六郎の姿を求めて町に飛びだして行くのだった。



■解説

「下町の太陽」の不破三雄と立仙雅巳、田向正健が共同でシナリオを執筆、不破三雄が監督した風俗ドラマ。撮影は「現代金儲け物語」の堂脇博。

  • 1964年4月12日 より

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(1964)

■スタッフ

監督 不破三雄 (フワミツオ)
脚本 立仙雅巳 田向正健 不破三雄 (フワミツオ)
製作 島田昭彦 (シマダアキヒコ)
撮影 堂脇博
美術 浦山芳郎 (ウラヤマヨシロウ)
音楽 鏑木創
録音 中村寛 (ナカムラヒロシ)
照明 佐久間丈彦 (サクマタケヒコ)
編集 寺田昭光 (テラダアキミツ)
スチル 篠崎尚勝

■キャスト

俳優名 役名
早川保 (ハヤカワタモツ)  小石太郎
小畠絹子 (オバタキヌコ)  小石和子
榊ひろみ (サカキヒロミ)  小石恵子
山谷初男 (ヤマヤハツオ)  森本健二
武智豊子 (Toyoko Takeche)  水谷ハナ子
石崎吉嗣 (イシザキ)  水谷六郎
左卜全 (ヒダリボクゼン)  熊谷老人
川村禾門 (カワムラカモン)  田中先生
富永美沙子 (トミナガミサコ)  田中洋子
山本幸栄 (ヤマモトコウエイ)  アパートの管理人
小野千鶴子 (オノチヅコ)  まゆみ
末永功 (スエナガイサオ)  医者
柳谷寛 (ヤナギヤカン)  北岡経理課長
人見修 (ヒトミオサム)  ゴルフ教師

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!