映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ニッポン珍商売

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

やがてやって来るオリンピックを前に、一獲千金を夢みて、人の心は躍る。そんな日本にアメリカの大富豪でマーカット食品会社の御曹司チャールス・マーカットが秘書のケニーを連れてやって来た。彼はニッポンに三億ドルの資本投資を目的に調査旅行に来たのだった。スキヤキ屋“フジヤマ”に行ったチャールスは「スキヤキと芸者を呉れ」といってあわてさす。スキヤキ屋の長男でガイドの一郎が帰って来て、チャールスの身元を知った。“フジヤマ”は大騒ぎだ。良造のグッドアイディアのインスタント・スキヤキがまず第一番のアイディアとなった。翌日美人ガイドはる子の案内で憧れの芸者屋にいった。そこで会社社長を知った。彼もパテント譲補の侯補者である。キャバレー“アフリカ”に行ったチャールスはキャバレー業者のピンク攻勢に合いこの人も一枚加わって来た。一方名古屋で珍商売で大繁昌の中川兼作も早速良造に頼んで強引に割り込み一員と成った。チャールスは秘書ケニーが接しているのも知らず、名古屋、大阪、奈良、京都へと旅を続けた。大阪では示談屋まさるが売り出し中であった。彼には美智子といういとしのダーリンがいた。五百万円貯まるまで結婚はおあずけという事になっていた。だが日本一の良い男と自称するまさるにピンク攻勢は、日夜ひんぱんをきわめた。有田恵美につきまとうドンゴロスの松を恵美から別れさすため相談をうけたまさるは、狂暴を売り物のドンゴロスの松との決闘を目くろんでいたのだが……。販売権を狙う、良造、兼作、本田、三津田、まさるのメンメン。珍商売史上最高最大の決闘の時機は、刻一刻と迫ってくるのだった。



■解説

「二人で胸を張れ」の富田義朗と小林久三が共同で脚本を執筆、「二人で胸を張れ」の酒井欣也が監督した喜劇。撮影もコンビの小原治夫。

  • 1963年8月28日 より

  • 配給:松竹
  • 製作国:日本(1963)

■スタッフ

監督 酒井欣也 (サカイキンヤ)
脚本 富田義朗 (トミタヨシロウ) 小林久三
製作 杉山茂樹 (スギヤマシゲキ) 小角恒雄
撮影 小原治夫 (オバラハルオ)
美術 逆井清一郎
音楽 牧野由多可 (マキノユタカ)
録音 堀義臣 (ホリヨシオミ)
照明 中田達治 (ナカダタツジ)
編集 北見精一 (キタミセイイチ)
スチル 篠崎友克

■キャスト

俳優名 役名
曽我廼家明蝶 (ソガノヤメイチョウ)  藤山良作
若水ヤエ子 (ワカミズヤエコ)  藤山ヤエ子
園井啓介 (ソノイケイスケ)  藤山一郎
三上真一郎 (ミカミシンイチロウ)  藤山二郎
大谷準   藤山三郎
冨士眞奈美 (フジマナミ)  ジューリー松尾
鰐淵晴子 (ワニブチハルコ)  山村ハル子
榎本健一 (エノモトケンイチ)  山村顕政
三木のり平 (ミキノリヘイ)  中川兼作
宮城まり子 (ミヤギマリコ)  中川光子
瞳麗子 (ヒトミレイコ)  中川みはる
藤田まこと (Makoto Fujita)  藤岡まさる
千之赫子 (チノカクコ)  横井美智子
桂小金治 (カツラコキンジ)  車夫
E・H・エリック (Eric H. Eric)  チャールス・マーカット
岡田眞澄 (Masumi Okada)  トーマス青年
トニー谷 (トニータニ)  ケニー山岡
山田周平 (ヤマダシュウヘイ)  本田社長
福岡正剛 (フクオカセイゴウ)  中村
芦屋雁之助 (アシヤガンノスケ)  ドンゴロスの松
逗子とんぼ (ズシトンボ)  花山
左卜全 (ヒダリボクゼン)  松蔵
藤山寛美 (フジヤマカンビ)  サービス学博士
三原葉子 (ミハラヨウコ)  有田恵美
上田吉二郎 (ウエダキチジロウ)  三津田
大泉滉 (オオイズミアキラ)  小泉
桜京美 (サクラキョウミ)  トキ子
小瀬朗 (オセロウ)  三平
江利チエミ (Chiemi_Eri)  アメリカ帰りの女

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!