映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • サラリーマン 権三と助十

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

通称権三、権田三郎は恵豊タクシーの模範運転手だが、行儀の悪いのが玉にキズ。助十こと助川十吉は本社教養部のおしゃれな青年である。客を拾うのが権三の仕事なら、運転手たちの身だしなみを注意するのが助十の役目。「うるさい奴だ」と思っても、服務規定に違反しているのだから、権三はあやまるほかはない。ガソリンスタンドの百合子に、権三は熱をあげている。助十も彼女が大好きだ。やがて、助十も百合子の父有馬営業次長のスイセンで、権三と同じ職場で働く身となった。いつも助十に痛めつけられていた権三ら運転手たちは、助十を飲み屋まつ葉に誘い、七色唐辛子のたっぷり入ったおでんや焼酎で乾杯した。さて、有馬は妻を亡くしてから百合子と二人ぐらし、まつ葉のおかみ藤子とは、いい仲だ。百合子に首ったけの権三と助十は、一ヵ月間の水揚げ競争で勝った方が彼女にプロポーズしようと誓い合った。一方、恵豊タクシーの大株主で鉄道会社の原田専務は、仁木総務課長とグルになって、会社乗ッ取りをたくらんでいた。いま使っているガソリンを全部近東石油のガソリンに切りかえようという闇取り引きだが、大岡社長のOKをとるには、信任厚い有馬を陥落させなければならない。近東石油の中島重役は酒と芸者で篭絡しようとするが、有馬は受けつけない。その夜、有馬は公金横領の容疑で警察に連行された。取り引きの席上、紛失した三十万円の紙幣が有馬の外套のポケットから発見されたのである。権三と助十は社長に直訴するが、門前払いをくった。が、大岡社長の依頼をうけた石原警部補の努力で、すべては明るみに出た。紛失した三十万円のカラクリは仁木の仕業であった。権三と助十、百合子、それにいまは有馬の妻となった藤子が、釈放された有馬を笑顔で迎えた。権三と助十は、百合子獲得のため、またもや戦闘開始である……。



■解説

「慕情の人」の田波靖男のオリジナル・シナリオを、「乾杯!サラリーマン諸君」の青柳信雄が監督したサラリーマン喜劇。撮影は「ベビーギャングとお姐ちゃん」の鈴木斌。

  • 1962年1月28日 より

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(1962)

■スタッフ

監督 青柳信雄 (アオヤギノブオ)
脚本 田波靖男 (タナミヤスオ)
製作 安達英三郎 (アダチエイザブロウ)
撮影 鈴木斌
美術 北猛夫 (キタモリオ)
音楽 松井八郎 (マツイハチロウ)
録音 下永尚 (Hisashi Shimonaga)
照明 山口偉治
編集 藤井良平 (フジイリョウヘイ)
スチル 荒木五一

■キャスト

俳優名 役名
藤木悠 (フジキユウ)  権田三郎
高島忠夫 (Tadao Takashima)  助川十吉
有島一郎 (アリシマイチロウ)  有馬彦吉
白川由美 (シラカワユミ)  有馬百合子
久慈あさみ (クジアサミ)  高野藤子
河津清三郎 (カワヅセイザブロウ)  大岡社長
小泉博 (コイズミヒロシ)  原田専務
三島耕 (ミシマコウ)  仁木課長
丘寵児   中島重役
三井紳平   飯沢
中山豊 (ナカヤマユタカ)  三沢
平凡太郎 (タイラボンタロウ)  大原
一の宮あつ子 (イチノミヤアツコ)  愛子
沢村いき雄 (サワムライキオ)  客の婆さん
大村千吉 (オオムラセンキチ)  客の男
記平佳枝 (キヒラヨシエ)  女中
田武謙三 (タブケンゾウ)  石原
丘照美 (オカテルミ)  みち子
清水由記 (シミズユキ)  雅子
森今日子 (モリキョウコ)  初子
山田彰 (ヤマダアキラ)  宇井
木田三千雄 (キダミチオ)  老運転手
田辺和佳子 (タナベワカコ)  妊婦
原秀子 (ハラヒデコ)  妊婦の母

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!