映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 非情学園ワル 教師狩り

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

鷹の台高校三年H組氷室洋二は、学園内で“ワル”と呼ばれ恐れられている。田所校長、刈田教頭は、氷室を屈服させようと、美杉麗子の後任として、PTA会長武見総太郎に推薦された、柔道五段の体育の教師・島健作を呼んだ。島は武見の娘、亜矢子と婚約している。島は最初の授業で柔道を教え、氷室をリンチ同然に叩きのめすが、氷室は無抵抗のままだった。だが、数日後の夜、氷室は島に決闘を挑み、島の肩に木刀を打ち込んだ。この事件で、氷室の父洋之進は、彼に勘当をいいわたした。三日後、留置所から出て来た氷室を待っていたのは美杉麗子だった。氷室は、麗子に誘われられるまま、同棲するようになった。一方、武見の息子、順平他数名のガクラン機動隊の面々が、氷室を襲うが、逆に叩きのめされてしまう。そして、島と亜矢子の婚約パーティーの日、会場を抜け出した二人を待っていた氷室は、島を殴り、亜矢子を強姦してしまった。怒った島は、大学の柔道部員に仇を依頼するが、彼らもまた氷室の前に屈してしまった。一方、教師の宇津木は、氷室に決闘を申し込んだ。氷室はその意志はなかったが、誤って宇津木を殺してしまう。島、田所、刈田は氷室には罪がない、という宇津木の遺言を偽り、氷室に罪をかぶせてしまった……。逮捕された氷室は少年院へ送られた。数日がたち、氷室は新入りの清水から、島たちが遺書を偽証したこと、島と亜矢子がブラジルへ行ってしまう、ということを聞いた。復讐の念に燃える氷室。やがて、麗子、清水の助けにより脱走に成功した氷室は、その足で、島の壮行会を開いている高校の講堂へと向かった。そして、刈田を脅迫し、宇津木が死んだ真相を文書に書かせ、講堂へ乗り込んだ。亜矢子、武見たちは逃げ出したが、島は近くの野原で、氷室を待ちうけた。柔道と剣道の凄絶な闘いの末、氷室の木刀が、島の喉を突き刺した……。



■解説

“ワル”シリーズ第二作目。非情で残忍な“ワル”と呼ばれる少年が、学校=権威に敢然と挑む姿を描く。脚本は「釜ヶ崎極道」の松本功と「非情学園 ワル」の山本英明、監督も同作の三堀篤、撮影は「ボディガード牙」の中島芳男がそれぞれ担当。

  • 1973年7月29日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1973)

■スタッフ

監督 三堀篤 (ミホリアツシ)
脚本 松本功 (マツモトイサオ) 山本英明 (ヤマモトヒデアキ)
原作 真樹日佐夫 (マキヒサオ) 影丸譲也 (カゲマルジョウヤ)
企画 吉田達 (ヨシダトオル) 高村賢治 (タカムラケンジ)
撮影 中島芳男
美術 中村修一郎 (ナカムラシュウイチロウ)
音楽 津島利章 (ツシマトシアキ)
録音 長井修堂
照明 元持秀雄 (モトモチヒデオ)
編集 祖田富美夫 (ソダフミオ)
助監督 橋本新一 (ハシモトシンイチ)
スチール 藤井善男 (フジイヨシオ)

■キャスト

俳優名 役名
谷隼人 (Hayato Tani)  永室洋二
渥美マリ (アツミマリ)  美杉麗子
佐藤允 (Makoto Sato)  島建作
三角八郎 (ミスミハチロウ)  宇津木雄吉
安岡力也 (Rikiya Yasuoka)  大関孫作
佐藤蛾次郎 (サトウガジロウ)  成川史郎
高月忠 (タカツキチュウ)  黒須文三
尾藤イサオ (Isao_Bitou)  清水勇
水島道太郎 (ミズシマミチタロウ)  武見総太郎
小野進也 (オノシンヤ)  武見順平
大森早苗 (オオモリサナエ)  武見亜矢子
山岡徹也 (ヤマオカテツヤ)  田所彦造
相馬剛三 (ソウマゴウゾウ)  刈田稔
安部徹 (Tooru Abe)  氷室洋之進
大下哲矢 (オオシタテツヤ)  氷室浩一
相川圭子 (アイカワケイコ)  かおる
早乙女りえ (サオトメリエ)  ミッチー
植田灯孝 (ウエダトモタカ)  荒川刑事
土山登志幸   立花
亀井和子 (カメイカズコ)  女店員
大浜詩郎 (オオハマシロウ)  安井
達純一 (タツジュンイチ)  小田
町田政則 (マチダマサノリ)  ケニー
池上明治 (イケガミアキハル)  男生徒
藤崎英幸 (フジザキヒデユキ)  男生徒
木村修 (キムラオサム)  新聞記者
山浦栄 (ヤマウラサカエ)  新聞記者
清水照夫 (シミズテルオ)  柔道部員
伊藤慶子 (イトウケイコ)  武見の妻
団巌 (ダンイワオ) 
山田甲一 (ヤマダコウイチ)  医者
河合絃司 (カワイゲンジ)  裁判官

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!