映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 銀蝶流れ者 牝猫・博奕

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

名うての札師として通っていた鈴ヶ森の政は、賭場で八百長の汚名をきせられ命を失くした。それから15年……。父政次郎の仇を討つためヤクザの世界に飛び込んだ一人娘の樋口ナミは、今では一人前の女札師緋桜ナミと呼ばれるまでに成長し、各地の賭場から賭場を仇の“星伝”を探し、渡り歩いていた。そして、伊香保の温泉町へやって来た。そこでナミは銀座の暴力団相星興業から、地元の大熊組に温泉芸者として売られてきた花江という娘を助けたことで盆の上での勝負を挑まれる。しかし、大熊組の立てた胴師門二郎はナミの相手ではなく、簡単に勝負がつく。翌日、勝負の決着をつけたナミは、花江とともに東京へ向かった。その後を、すっかりナミに惚れこんだ門二郎が舎弟分になるべく追って行った。花江には昔は札師としてならした仙造というアル中の父親がいる。そして何故か仙造はナミの父の仇“星伝”が相星興業社長の相星総之助であるとナミに知らせなかった。ナミは相星興業が経営するクラブ“ブルースター”に出入りするようになった。そしてそこのマダムをしているのが幼ななじみの美代子であった。一方、大熊組からの知らせで花江の事情を知った相星は、ナミと会い、組のイカサマ札師として誘うがナミは拒む。銀座の一匹狼で秘かにナミに想いをよせる隆次は相星に対抗して事業をかまえるが、ことごとく相星の配下の邪魔に合う。その頃、仙造はナミのことで相星をゆすって大金を得ていたが、相星に殺されてしまう。仙造は死に際、ナミに、“星伝”は相星であること、彼によって父はイカサマの汚名をきせられてしまったことを言い残した。相星興業創立15周年記念大花会。大勢いる親分衆を迎えた大花会の席に単身のり込んだナミは、後から駆けつけてくれた隆次の助力を得て盆ゴザで相星を相手に、父がハメられたトリックをそっくり演じて見事復讐を果たすのだった。



■解説

“銀蝶”シリーズ二作目。札師だった父親の復讐のためヤクザな世界に身を投げうった主人公緋ざくらナミが仇を討つまでを、賭場の札さばきなどをおりまぜながら描く。脚本は「不良番長 一網打尽」の松本功、監督は脚本も執筆している「銀蝶渡り鳥」の山口和彦、撮影は「ポルノの帝王 失神ソープランド」の中島芳男がそれぞれ担当。

  • 1972年10月25日 より

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(1972)

■スタッフ

監督 山口和彦 (ヤマグチカズヒコ)
脚本 松本功 (マツモトイサオ) 山口和彦 (ヤマグチカズヒコ)
企画 吉峰甲子夫 高村賢治 (タカムラケンジ)
撮影 中島芳男
美術 藤田博 (フジタヒロシ)
音楽 津島利章 (ツシマトシアキ)
録音 広上益弘
照明 桑名史郎
編集 長沢嘉樹
助監督 三堀篤 (ミホリアツシ)
スチール 遠藤努 (エンドウツトム)

■キャスト

俳優名 役名
梶芽衣子 (Kaji Meiko)  樋口ナミ
千葉真一 (Sonny Chiba)  東隆次
須賀不二男 (スガフジオ須賀不二夫)  相星総之助
伴淳三郎 (バンジュンザブロウ)  浅井仙造
光川環世 (ミツカワタマヨ)  浅井花江
山城新伍 (ヤマシロシンゴ)  唐辛子門二郎
由利徹 (ユリトオル)  スモーキー中
賀川雪絵 (カガワユキエ)  美代子
室田日出男 (ムロタヒデオ)  田所秀
佐藤晟也 (サトウセイヤ)  古賀
伊達弘 (ダテヒロシ)  ジョージ
須賀良 (スガリョウ)  マー坊
小林千枝 (コバヤシチエ)  ゆかり
富田仲次郎 (トミタナカジロウ)  大熊荒五郎
士山登志幸   安川
久地明 (クジアキラ) 
川村真樹 (カワムラマキ)  香樹
南利明 (ミナミトシアキ)  紳士
木村修 (キムラオサム)  バーテン
北川恵一 (キタガワケイイチ)  矢沢
植田灯孝 (ウエダトモタカ)  樋口政次郎

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!